eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

id Softwareが最も長期に渡る「FPSゲームデベロッパー」&「eスポーツトーナメント主催者」として2つのギネス世界記録を獲得

id Softwareが公式Twitterにて2つの世界ギネス記録を獲得したことを報告しました。

id Softwareが2つの世界ギネス記録

発表によると、id Softwareが獲得したのは「The longest-running eSports tournament organizer(20年)」「The longest-running developer of FPS games(24年)」の2つです。

『Quake』シリーズのファンが毎年集まる『QuakeCon』は1996年にスタートして今年で20年。先日に『QuakeCon 2016』が開催され、今年は『QUAKE LIVE』のDuelと『QUAKE WORLD』の2on2トーナメントが実施されました。

また、FPSゲームを開発して24年ということで、時期的には1992年にリリースされた『Wolfenstein』が初のタイトルに該当するでしょうか。今年はシリーズ最新作『Quake Champions』が発表されており、2017年にベータテストが実施される予定です。

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/