国際大会『WESG2016 Asia Pacific Finals』のグループ分け発表、日本代表チーム・選手が出場

World Electronic Sports Games (WESG)

国際大会『World Electronic Sports Games』アジア代表決定戦のグループ分けが発表されています。

World Electronic Sports Games(WESG)

『World Electronic Sports Games』は中国・アリババグループのアリババスポーツが主催するeスポーツの国際大会です。

競技ゲームは「Counter-Strike: Global Offensive」「Dota 2」「Herthstone」「StarCraft II」の4タイトル。

予選は世界5エリアで開催され、日本はアジア・太平洋エリアに振り分けられています。
10月に各国で予選が開催され、出場権を獲得したチームが11月10~13日に韓国で開催される地域ファイナルに出場します。

こちらで規定順位に入賞することで12月に中国で行なわれるグランドファイナルの出場権を得ることが出来ます。

グループ分け

CS:GO – Group C

  • China FIVE
  • Japan RJ.Absolute
  • Thailand Signature
  • Iraq Gex
  • Philippines Mineski

Dota 2 – Group A

  • Korea MVP Phoenix
  • Japan DeToNator
  • Singapore Slayers
  • Philippines s1-Lykos

Starcraft II

  • Korea Jeon “TY” Taeyang
  • Japan Nishimura “PSiArc” Naohiro
  • Singapore Zhang “ZHUTOU Pinqian
  • New Zealand Eric Yujin

Herthstone

  • China Fan Lizi
  • Japan Ryo “ReneKuroi” Shigekiyo
  • Thailand Pagorn “Mikka” Kitmanomai
  • Australia Dylan O’mallon

Dota 2は、『The International 2016』などにも出場し世界的に活躍する Korea MVP Phoenixと同グループとなりました。

各タイトル共に今回のアジアファイナルでプレーオフへ進出し、上位6位までに入賞出来れば12月に中国で行なわれるグランドファイナルの出場権を得ることが出来ます。

情報元