DeToNator Overwatch部門が日本国内で約3週間のブートキャンプを実施、「フルタイムでの活動の準備段階として」

detonator

プロゲームチーム Japan DeToNatorのOverwatch部門が2016年12月15日より日本国内でのブートキャンプ(強化合宿)を実施すると発表しました。

※写真左より: dohteloff, space, Yoshiharu, SENSEI, delave, siorin

DeToNator Overwatch部門が日本国内でブートキャンプを実施

公式サイトでの発表によると、チームはクリスマス、大晦日、お正月といった季節のイベント満載な2016年12月15日(木)から2017年1月3日(火)までの約3週間にブートキャンプを実施します。チームに確認したところ、実施場所は東京都内にある Japan DeToNatorのゲーミングオフィスになるとのこと。

取り組みの狙いは「全選手でのフルタイムでの活動」の準備段階として

チームによると、ブートキャンプ実施は将来的なフルタイムでの活動を見据えたもので、「選手間の意思疎通」「スキルアップ」「共同生活への対応力」「ストレステスト」といった要素についての強化を狙っていきます。

Japan DeToNator は先週末の2016年12月10日、11日(日)に台湾で実施されたOverwatch『YouTube Gaming APAC Invitational』に招待出場しており、こちらに向けて11月末から台湾にて共同生活を行ないながら練習を行なってきました。

帰国後も継続して約3週間の共同生活・練習を行う事で、トータル約1ヶ月近いブートキャンプを実施する事になります。

※ちなみに、大会の結果はKorea Lunatic-Hai、 Thailand sWeedTimeに敗退しての4位に

『Overwatch League』や海外大会を見据えた取り組みか

2016年11月、Blizzard Entertainmentはeスポーツプロリーグ『Overwatch League』についての発表を行ないました。

こちらの大会は「チームオーナーシップ + 選手契約」制度を採用し、アメリカ、ヨーロッパ、中国、韓国、アジア太平洋エリアで開催が予定されています。

どのようなチームが出場するかや詳細な仕組みについてはまだ明らかにされていませんが、出場するとなればフルタイムでの活動や海外での試合実施も予想されるため、このような展開へ備えた準備の一巻であるとも推測できます。

今後の展開等については、チーム公式サイトやTwitchにおける『DeToNatorTV』での放送を通じて発表されていく予定となっています。

12/13 12:55追記

チーム内での競争を促進するため、7人目以降のメンバー募集が開始されました。

「海外に長期滞在できる」ことが必須条件、「年齢国籍は不問」となっていました。
これにより、2017年はグローバル展開を強化していくことが推測できます。

情報元