eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

『Dota 2』2014年公式世界大会の優勝メンバーxiao8が現役引退へ

xiao8

China LGD.ForeverYoungに所属する Dota 2プレーヤー China Zhang “xiao8” Ning選手の現役引退が発表されました。

xiao8が現役引退へ

xiao8選手の引退は所属チームの公式Twitterを通じて発表となりました。引退の具体的な理由は明らかにされていません。

China xiao8選手は2011年からプロゲーマーとしてのキャリアをスタート。当時、xiao8選手が所属するチームのメンバーはその実力を認められ600万ドルの移籍金と共にInvictus Gamingに加入し話題となりました。

2014年にはChina Newbeeの一員として『The International 4』で優勝し賞金約500万ドルを獲得。その後、一時的に活動を休止しましたが、2015年にプレーを再開し直近では China LGD.ForeverYoungのキャプテン、Supportのロールで2016年12月の『The Boston Major 2016』にてベスト8となっていました。

現在は27歳で、『e-Sports Earning』のデータによると生涯獲得賞金は「$1,814,734(約2億1344万円)」で歴代獲得賞金ランキング11位となっています。

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/