『第2回 日本eスポーツ選手権大会』5部門で開催された競技の最終結果

DSC_4624

一般社団法人 日本eスポーツ協会(JeSPA)』が主催し2017年2月25日(土)、26日(日)に実施された『第2回 日本eスポーツ選手権大会』の最終結果を紹介します。

第2回 日本eスポーツ選手権大会

『第2回 日本eスポーツ選手権大会』は、ゲームプレイヤーの地位向上とeスポーツの国内普及・発展を目指して、5つの競技ゲームを採用して開催された全国選手権大会です。

東京、大阪、オンライン、決勝会場で行なわれた予選を勝ち抜いた全国の強豪選手が、東京・豊洲PITで行なわれたオフライン決勝戦で日本一の座を競い合い、下記の結果となっています。

今大会では、プロゲームチーム Japan SCARZの所属選手が『CS:GO』および『FIFA17』の2部門を制覇。『GUILTY GEAR Xrd』や『FIFA17』には前回大会の優勝選手も出場していましたが、連覇はなりませんでした。『Overwatch』部門では、プロゲームチームも参加する中、見事に Japan Crest Gamingが優勝となりました。

Counter-Strike: Global Offensive (PC)

  • 1位: Japan SZ.Absolute – crow, barce, t4k3J, poem, Laz – 25万円
  • 2位: Japan BlackEye – Easy, Katze, SorAek, QAKO, Asilis – 10万円
  • 3-4位: Japan DETONATOR – Norisen, impalement, Guin, ayanox, Freak
  • 3-4位: Japan NUE – btiku, ikinoko, taka193b, reitouMGR, Murchi
  • 5-7位: Japan AkioFC – chiaraJ, marin, saku, lycer, hunt
  • 5-7位: Japan TokugawaGaming – hippy, TORANECO, zebry, arls, grit0
  • 5-7位: Japan 出家 – Xana, mittiii, 中村透, Shi0, Quartz

Overwatch (PC)

  • 1位: Japan CrestGaming.Blitz – 30万円
  • 2位: Japan CYCLOPS OSAKA athlete gaming – 12万円
  • 3-4位: Japan Flourish
  • 3-4位: Japan Rascal Jester MaVeNick
  • 5-6位: Japan DeToNator.BLACK
  • 5-6位: Japan Yoshimoto Falmily

DEAD OR ALIVE 5 Last Round (PS4)

  • 1位: Japan シオロジカ – 10万円
  • 2位: Japan たにい – 5万円
  • 3位: Japan GGP/神園
  • 4位: Japan 輝Rock
  • 5-6位: Japan シキ
  • 5-6位: Japan
  • 7-8位: Japan GXR JC AKira
  • 7-8位: Japan ライナーバック

GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR- (PS4)

  • 1位: Japan 中村 – 10万円
  • 2位: Japan T5M7 – 5万円
  • 3位: Japan おみと
  • 4位: Japan サミット
  • 5-6位: Japan ふも
  • 5-6位: Japan Daru
  • 7-8位: Japan どぐら
  • 7-8位: Japan ハンバーグ

FIFA17 (PS4)

  • 1位: Japan fantom – 10万円
  • 2位: Japan 黒豆- 5万円
  • 3-4位: Japan アル
  • 3-4位: Japan yOuichiro
  • 5-8位: Japan KEN
  • 5-8位: Japan ざりがに
  • 5-8位: Japan あつや
  • 5-8位: Japan じぇー

配信アーカイブ

西村 康稔氏のコメント (一般社団法人 日本eスポーツ協会 会長)

新しい若いスター選手が出てきて、切磋琢磨して輪が広がり、スピード・技術が上がっていってるだろうと思います。今年もまた何人かを海外に派遣をして武者修行してもらって、海外で優勝してほしいと思っております。私たちJESPAは、全国に支部を作って(eスポーツの輪を)拡げていってアジア大会に選手を派遣できるようにゲーマー・アスリートをしっかりと育てていきたいと思っています。

今年の大会もその大きなステップになったと思います。今回優勝できなかった皆さん、途中で負けてしまった皆さん、ぜひ来年は優勝を目指して頑張って欲しいと思います。

情報元