eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

FPS『CROSSFIRE』を展開するスマイルゲート社がeスポーツ世界大会『World Cyber Games』ブランドをサムスン電子より取得

World Cyber Games

オンラインFPS『CROSSFIRE』を展開する韓国・スマイルゲート社が、eスポーツ世界大会『World Cyber Games』ブランドをサムスン電子より取得したことを発表しています。

スマイルゲート社が、eスポーツ世界大会『World Cyber Games』ブランドを獲得

『World Cyber Games』は、2000年の『WCG Challenge』から始まり2013年まで開催されたeスポーツの国家対抗戦です。しかし、2014年2月に今後の開催を行なわないことが発表され、以降はサムスン電子がブランドを保有し続けていました。

今回の契約により、スマイルゲート社は『World Cyber Games』に関わる全ての権利を取得。今後は『World Cyber Games』を展開する独立法人をたて、「eスポーツ」に限定しない世界最高のデジタルエンターテインメントフェスティバルとして再生させていく計画です。

今後、開催日程、競技ゲームタイトル、開催国などを発表予定とのことです。

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/