ブリザードが『Major League Gaming』を統合した『Overwatch League』『Overwatch World Cup』の専門部署設立を発表

bl

Blizzard Entertainmentが公式サイトにて、今後実施される『Overwatch League』や『Overwatch World Cup』の専門部署を立ちあげたと発表しました

Blizzard Entertainmentが『Major League Gaming』を統合した専門部署の設立を発表

Activision Blizzard社は、2015年に世界最大規模のeスポーツプラットフォームを展開するが『Major League Gaming』の事業を買収し、eスポーツの「ESPN」(アメリカのスポーツ専門チャンネル)を作り上げる計画を促進すると発表しました。

Blizzard Entertainmentは、この『MLG』と統合する形で2017年8月にスタートする『Overwatch World Cup』、2017年中に開幕が予定されている『Overwatch League』といったOverwatch eスポーツプログラムの管理、運用、販売、配信などを担当する独立部署を新設。『MLG』はeスポーツイベントや大会の開催や配信などについてかなりのノウハウを蓄積しているので、かなり安心感のある大会になっていくのではないでしょうか。ちなみに、『MLG』ブランドは継続されていくとのことです。

現在、Blizzard Entertainmentはeスポーツ分野に関する求人を行なっており、その中には韓国のソウルでフルタイム勤務する「ESPORTS PROGRAM MANAGER, JAPAN」という職種が含まれています。

情報元