eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

Dota 2世界大会『The International 2017』の賞金総額が大会史上最速で1,000万ドル(約11億円)を突破

bl_bpimg_2017

Dota 2世界大会『The International 2017』の1,000万ドル(約11億1260万円, $1=111.26円)を突破しています。

『The International 2017』の賞金総額が歴代最速で1,000万ドルを突破

『The International 2017』は、2017年8月7~12日にアメリカのシアトルで開催されるDota 2の公式世界大会です。

基本賞金総額は160万ドル(約1.79億円, $1=112.38円)ですが、大会に関連する『The International 2017 Battle Pass』等のゲーム内アイテムが購入される毎にその25%が賞金総額に配分されます。

2017年はアイテムが販売開始となってから15日で賞金総額「1,000万ドル」を突破しました。

dota2-prize-0521

2015年は「30日」、2016年は「21日」かかっており大会歴史上最速となります。

発売開始後から、例年を上回るペースで賞金総額が増加していましたが、5月18日に「Portal」のコンパニオンキューブデザインを採用した最上級レアリティのキャラクタースキンが発表され、この入手条件が『The International 2017 Battle Pass』のレベルを245以上に上げる事であったことから、課金が促進されたと推測できます。

『The International 2016』の賞金総額は「$20,770,460」でした。
どこまで記録が伸びるか今大会も注目です。

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/