『Quake Champions』パッチノート(2017-05-26)

Quake Champions

Quake Champions』のパッチノートが2017年5月26日にリリースされています。

Patch Notes for May 26

2017年5月26日よりクローズドベータテストが再開されており、日本時間の2017年5月30日23時頃までプレー可能です。
クローズドベータテストとは言っても、登録すれば実質誰でも参加出来る状態です。
また、指定期間終了後もあまり間をおかずにテストが再開されるので、興味がある方は以下から登録を。

プレーするには「Bethesda Launcher」(上記サイト内からダウンロード可能)を導入する必要があるのですが、自分の場合、外部ドライブをインストール先に指定していたところ全くダウンロードが進みませんでした。

Windowsの場合Cドライブを指定し、30ギガほど容量を空けておくことで無事にダウンロードが完了しました。

最新のパッチノートの内容は以下のようになっています。

Sacrifice:

  • 試合を「Best of 3 Rounds」方式にした
  • Obeliskのキャプチャタイムをちょうど2分に調整した
  • ラウンドごとのスコアリミットを1ポイントに設定した
  • 99%の時のContested timeが3秒に増加された
  • 「Sacrifice」モードの試合終了後スコアボードのソートを修正した。順位は死亡数ではなくXPで適切にソートされるようになった。
  • 試合後のスコアリングイベントを修正した(1-3位)。XP上昇が適切に動作するようになった。

In-game:

  • 不適切なspawnポイントを調査するためのログを追加した
  • Duelモードで倒された後、敵の近くで復活してしまうのを修正した
  • アビリティがアクティブになっている「Scalebearer」が「Ranger」のオーブによってテレフラグされた時にサーバーがクラッシュしてしまうのを修正した
  • ガントレットのダメージが出過ぎる場合があるのを修正した
  • ロケットランチャー発射時の遅延を改善した

UI:

  • ウォーターマークでのサーバーIP表示を削除した
  • 紹介画面におけるNyxの足アニメーションを修正した
  • PiPsの武器表示が正しくないのを修正した
  • Readyタイマーを5秒に減らした

Tech:

  • ゲーム起動時に白い画面が表示される問題を修正した

Sound:

  • サウンドエフェクトを追加した
  • Obeliskの爆発音を修正した

Known Issues: (既知の問題)

  • In Battle ReportをXPでソートできない
  • Finalメダルがバトルレポートに表示されない(1~3位)

情報元

ゲーム紹介