eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

『ESL』がVRゲームのeスポーツ大会『VR Challenger League』を賞金総額20万ドル以上で開催

VR Challenger League

『ESL』がVRゲームのeスポーツ大会『VR Challenger League』を賞金総額20万ドル以上で開催すると発表しました。

VRゲームのeスポーツ大会『VR Challenger League』

『VR Challenger League』は『ESL』『Intel』『Oculus』によって、VRゲーム『The Unspoken』と『Echo Arena』の2タイトルを採用して実施されます。

賞金総額は20万ドル以上で、オフライン大会を世界の複数箇所で開催。グランドファイナルは、2018年の『Intel Extreme Masters Katowice』会場にて実施される予定です。

オフライン大会の出場権は、7月12日よりオンラインプラットフォーム『ESL Play』でスタートする賞金付きのウィークリーカップを通じて得ることが出来ます。

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/