『Counter-Strike: Global Offensive』アップデート(2017-08-01)、しゃがみジャンプバグ修正、Tec-9調整など

CS:GO

Counter-Strike: Global Offensive』のアップデートがリリースされています(2017-08-07)。

Counter-Strike: Global Offensive Update Released

Release Notes for 8/7/2017

GAMEPLAY

  • ピストルをスキルフルに使えるようにすることを目標とした変更をTec-9から導入開始。
  • Tec-9:高い移動性を保ちながらAimingが強調されるよう調整した。
    • 単発射撃での命中精度をわずかに向上させた
    • 連射している時の命中精度をわずかに減少させた
    • マガジンを18発、予備弾丸を90発に減らした
  • プレーヤーが空中にいる場合を考慮するようカメラの高さ制限システムを拡張し、一人称カメラが三人称視点の頭の上を越えないようにした
  • しゃがみジャンプ中にしゃがみを解除した場合に着地音がなるようにした
  • プレーヤーが壁に挟まれている時に音が再生されなくなるいくつかの矛盾を修正した

LINUX

  • CS:GOを起動するプロセスが一つ少なくなるよう見直しを行った

しゃがみジャンプのバグは、特定の場所でしゃがみジャンプをすることで相手よりも有利に視界を確保できるというもので、先日実施された『PGL Major Kraków 2017』での使用が大きな議論となりました。大会の審判はこの時、使用を許可を下しましたが参加チームは紳士協定的に意図的な使用をしないことで対戦を行なっていました。最終的にゲームの仕組みとして今回修正が行なわれたことにより、問題は解決を迎えることになりました。

情報元

ゲーム紹介