「東海テレビ」がプロゲームチーム「DeToNator」と組みeスポーツに参入、メディアサポート契約を締結

東海テレビ×DeToNator

プロゲームチーム Japan DeToNatorが、フジテレビ系列の「東海テレビ」とメディアサポート契約を締結したと発表しました。

「東海テレビ」がプロゲームチーム「DeToNator」と組みeスポーツに参入

公式発表によると、東海テレビは2018年1月よりJapan DeToNator のメディアエージェントとなり放送エリアである愛知・岐阜・三重におけるスポンサー契約、イベント興行の斡旋、メディア露出、物販等に関する代理店業務を行なっていきます。

独自企画のeスポーツイベントで強力な集客力を誇るJapan DeToNator と、地上波テレビ局として実施してきたイベントや企画ノウハウを融合させることにより情報発信の相乗効果を生み出しながらや、新たなeスポーツビジネスの展開などを進めていくことになります。

深谷弘 氏のコメント (東海テレビ プロデューサー)

e-Sportsビジネスは地上波テレビ局としては完全なる新天地であり、世界的なプロゲーミングチームであるDETONATOR様をパートナーとして、ともに最初の一歩を踏み出せることに大変感謝しております。

またDETONATORご所属の皆様の足元にも及ばないレベルではございますが、社内随一を自称するゲーマーとしてもe-Sportsの魅力やアツさを、地上波テレビ局として愛知・岐阜・三重の皆様に知っていただくお手伝いができるというのは、感激の至りでございます。
東海テレビが培ってきた「伝えること」に関する知識や秘訣を新たなムーブメントであるe-Sportsに生かし、同業界の発展に寄与できましたら幸いです。

江尻勝 氏のコメント (DeToNator 代表)

この度、東海テレビ様とのパートナーはかねてよりゲーミングチームとメディアと、どのように取り組むべきかを考えておりました。その答えが今回の東海テレビ様との協業になります。テレビメディアの影響力、番組、イベントなどに適切でかつ的確な情報をしっかりと伝えていくことが重要です。

今までのチームに蓄積された経験値や業界の情報などを、DETONATORを通して伝えられることに責任を感じます。それと同時にDETONATORが進むべく世界への道や日本のesports業界へのメッセージも含めてより多くの方に認知していただけるように頑張ります。
私の地元でもある愛知県の企業様との活動に身の引きしまる思います。
長く良い関係が築けるように、地域にも貢献できるようにDETONATORのペースで頑張らせていただきます。

グローバル&ローカルの両展開でさらなる発展を目指す

Japan DeToNatorの創設者である江尻氏は、「東海テレビ」放送エリアとなっている愛知県の出身です。「東海テレビ」がeスポーツでビジネスをしていく上で番組はおそらく欠かせないものになるだろうと思われますが、今回の契約によりそのような番組では Japan DeToNator の選手達が登場することが中心となっていくと予想されます。地元出身の江尻氏が設立した Japan DeToNatorのメンバー達が、eスポーツで世界に挑むというようなストーリーでの見せ方をすることで地域にあらたなファンを生み出すことが期待できるのではないでしょうか。

Japan DeToNatorは日本だけにとどまらず、台湾における『Alliance of Valiant Arms』や『Overwatch』プロリーグへの進出、ヨーロッパのCS:GOチームとの契約、韓国『Overwatch』プロリーグ1部出場への挑戦、そして海外選手主体の『Dota 2』チーム再結成を準備中などグローバルでの活動にも力をいれています。

DSC_7432
台湾『Overwatch Pacific Championship』に参戦

このような日本から世界に向けた挑戦を、選手やストリーマーを中心としたオウンドメディア、東海テレビのメディア力を使ってグローバル&ローカルの両輪で発信しチーム・選手・eスポーツなどの魅力を広めていくというのが今後の展開となっていくでしょう。

フジテレビは「いいすぽ!」で日本に馴染みのあるコンソールゲームのタイトルを中心としたeスポーツの番組を制作していますが、「東海テレビ」がJapan DeToNatorと組んだということで、こちらはPCゲームを中心とした世界的にも人気のあるeスポーツタイトルを紹介していくということもありそうです。

ストリーマーを中心にファンを拡大するDeToNator

2017年の DeToNator は、チームに所属する人気ストリーマーを中心にライトファンを獲得し、チームやeスポーツを知り応援してもらうという流れを1つの軸として展開を行なっています。

DSC_0515

過去から行なっている地道な活動の継続により、現在ではイベントの規模、場所、オンライン・オフラインに関わらずかなりのファンを動員出来る力をもっています。

「東海テレビ」との契約実現については、この「人を集めることが出来るチーム」という点が大きな魅力となっていたのではないでしょうか。

情報元