プロチームDeToNatorと東海テレビが『Nagoya eSports Festival Vol.0』を開催、写真レポート

DSC_7226

2018年3月4日、プロチームDeToNatorと東海テレビがeスポーツイベント『Nagoya eSports Festival Vol.0』を愛知県名古屋のテレピアホールで開催しました。

Nagoya eSports Festival Vol.0

『Nagoya eSports Festival Vol.0』は、eスポーツ市場をゲーミングチームとそのゲーミングチームを応援する企業を支援することを目的とし、東海テレビが初主催するeスポーツイベントとして開催されました。

本イベントは、東海テレビがスポンサードするeスポーツチーム Japan DeToNator を中心に「ショーマッチ」「トークショー」などを通じてeスポーツを体験出来る内容となっていました。

一番乗りは朝5時50分、首都圏イベントに負けないファンが来場

日本のeスポーツイベントというとやはり東京が中心。最近では関西でも増えてきましたが名古屋での開催は比較的珍しいケースと言えるでしょうか。自分は前日から会場を見学させていただきましたが、やはり関係者は「明日みんな来てくれるのだろうか」と不安な様子を見せていしました。

しかし、当日は会場の建物からはみ出るほどのファンが来場し、会場の建物からはみ出すほどの行列となりました。

DSC_7165DSC_7164
会場には多数のファンが来場

会場の先頭に並んでいたしゅーくん/sencalさんにお話を聞いてみたところ、小学生の時からファンの Japan Darkよっぴー さんが登場するAVAのエキシビションマッチを見たくて朝5時50分にやって来たそうで驚かされました。

DSC_7180
会場の瞬間。1番乗りはなんと5時50分から並び始めたそう。

日本eスポーツ公認プロゲーマーによるウイニングイレブンエキシビションマッチ

まずは、スポーツゲーム「ウイニングイレブン」を使用したエキシビションマッチが開催されました。

イベントの総合プロデューサーを務めるJapan DeToNator代表の江尻氏はこの理由について「本イベントは(DeToNatorのファンイベントではなく)世界を目標にしたり世界で戦うチームを応援するという意味もあるのです。私もウイニングイレブンのイベントを観戦しにいって、そこでのプレーヤ盛り上がりを見て採用させていただき、プロライセンス発行という話題もあり、日本トッププレーヤーのプレーをぜひ見ていただきたい」と説明しました。

DSC_7332
SOPHIA選手
DSC_7331
からあげ選手 (SCARZ所属)
DSC_7367
まやげか選手 (野良連合所属)
DSC_7334
左より eスポーツキャスター岸大河氏、澤入重雄氏(元名古屋グランパスエイト主将)、梅津慧氏(コナミ)

エキシビションマッチということで変速方式のトーナメントで対戦を実施。各選手が自分の持ち味を活かしたプレーで会場を沸かせ、今回はカウンターからの速攻を得意とするからあげ選手が優勝となりました。

DSC_7357
からあげ選手はカウンターからゴールを量産
DSC_7364DSC_7378
握手で健闘を称え合う

試合後、コナミの梅津氏は「トッププレーヤーのプレーを見ていただけたのでは」とコメント。2018年3月31日から開催去る「ウイニングイレブン 2018」公式世界ツアー南北アメリカラウンドに Japan まやげか選手が出場することを紹介。まやげか選手を応援すると共に、ぜひウイイレをプレーして欲しいと来場者に語りかけました。

澤入さんは「違う形でサッカーを楽しませていただいた。サッカーでまだ日本は世界一になっていないので、(まやげか選手には)まずゲームでサッカー世界一になってほしい」と激励しました。

DSC_7360
澤入さん

これぞプロ、会場で3回中2回のドン勝を獲得した『PUBG』スペシャルイベント

最後の生存者となることを目指す最大100人が参加可能なバトルロワイヤルゲーム『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』のイベントには、DeToNaotrに所属する人気ストリーマーチームと、プロとして活動する韓国チームのメンバーが出場し、SQUAD(4人チーム戦)2試合と8人が1チームとなる特殊ルールのカスタムゲーム1試合が行なわれました。

DSC_7420
DeToNator Streamers: YamatoN, SPYGEA, StylishNoob, SHAKA
DSC_7429
DeToNator PUBG Korea: DDoCHI, HONG_LEGO, Giken, iLGO
DSC_7471
実況はDON CUPのshobosukeさん、解説は日本語が堪能なDeToNatorストリーマーのKHさん

この両チームのプレースタイルは非常に対象的。まずSQUADモード1試合目は、チーム内で「戦闘指揮官」「サポート」「運転手」などの役割分担を行ない組織的なチームプレーする韓国チームが活躍。

「索敵」担当が移動の前に周囲を見回り安全確認や周りにいる敵チームの情報を持ち帰ることで生存率を上げながら、生き残るための有利なポジション取りを駆使して圧巻のドン勝獲得。

DSC_7510
PUBG KOREAチームドン勝

2試合はDeToNatorストリーマーズがストリーマーらしいトークとプレーで来場した観客を笑わせながら終盤まで生き残り、最後は不利なポジションから敵がいる建物に乗り込み全滅させるというさすがのプレーでドン勝を達成し会場を大いに沸かせました。

8人チームの特殊マッチでは日本と韓国の選手が同じチームとなり、日本語・韓国語・英語の3ヶ国語を駆使して生き残りをかけた戦いに挑みました。

DSC_7759
ゲーム前にDeToNator伝統の円陣を組む
DSC_7519
待機ロビーでファンにもみくちゃにされるDeToNatorメンバーたち

8人チームということもあり、移動も迫力でDeToNatorは6台の車を運用。自動車産業が盛んな愛知らしく(?)、車がズラリと並べた迫力のポジショニング。

DSC_7781
こんなに車が止まっているシーンは珍しい

さらに、DeToNatorは8人を2ペアに分けて4部隊で展開。ラストでの壮絶なバトルでは撃ち負けてドン勝こそはなりませんでしたが、見事2位に入賞。StylishNoob氏は「言葉なんていらなかった。非常に楽しめた」と韓国チームとのプレーに大満足な様子でした。

DSC_7543
とにかく楽しそうにプレーするDeToNator Streamers

プロチームDeToNatorのルーツ『AVA』で現役プロと歴史を作ったレジェンドが対決

プロチームDeToNatorはオンラインFPS『Alliance of Valiant Arms』のチームとして2009年に設立され、現在では世界を舞台に活動するプロチームとなりました。

本イベントでは、数々の大会でタイトルを獲得しチームの基礎を作り上げてきた『AVA』部門のレジェンドが久々に集結。現在プロとして活躍するメンバーたちとエキシビションマッチで対戦しました。

DSC_7626
DeToNator LEGENDS: Saih4tE, Rob1N, 上海紅茶館, SHAKA、Darkよっぴー
ひさびさに「GO! デト!」のかけ声を披露
DSC_7632
翔丸、cooldere*、ももクロChan!、するがモンキー、MyYqAwNG
長年活躍するするがモンキー選手を中心とし、日本トップチームからのメンバーを加えた現在のドリームチーム
DSC_7666
実況 YamatoN氏、解説 DeToNator代表江尻勝氏、AVA運営プロデューサー井上洋一郎氏

1試合目はAVAで最も人気がある「Dual Sight」での対戦。
この試合は初期のDeToNatorでエース・キャプテンとして活躍した Japan Darkよっぴー選手が開幕ラウンドからトリプルキル。続く2ラウンド目では「Ace」(5人全員キル)を決めるなどさすがレジェンドというスーパープレーを披露。

現役プロチームは「最初は花を持たせてやった」とばかりに次第にプレーを安定させ、ラウンドを取り返していきます。国内のトップチームで指揮官を務めていた選手が多数存在している点も協力で、少人数になっても冷静な判断できっちりと仕留め、2マップを連取し現役の力を見せつけました。

試合結果

  • Japan DeToNator AVA [2-0] Japan DeToNator LEGENDS
    • Japan DeToNator AVA [7-3] Japan DeToNator LEGENDS (DUAL SIGHT )
    • Japan DeToNator AVA [7-5] Japan DeToNator LEGENDS (INDIA)
DSC_7720DSC_7719
共に台湾プロリーグで戦ったするがモンキー選手とSHAKA選手、Rob1N選手が健闘を称え合う

するがモンキー選手は「一緒にやっていた時はたのものしかったですが、敵に回してみて強さを実感しました」とコメント。cooldere*選手は「ものすごく強かったので現役復帰してほしい」と呼びかけました。

個人的にJapan DeToNator LEGENDSのメンバーは台湾プロリーグなどを取材させていただいたりしたこともあり改めてステージで「GO!デト」やパフォーマンスを見せてくれたのは非常に感慨深いものでした。現役選手たちに魂のようなものが引き継がれ、今後も活躍してくれることを願っています。

DSC_7654
華があるDeToNator LEGENDS

大盛況に終わった『Nagoya eSports Festival Vol.0』

本イベントは来場者1,700人以上、Twitch同時視聴が1万人を超えるなど大盛況の結果となりました。

東海テレビの深谷弘プロデューサーに終了後の感想を質問させていただいたところ、「当初は300人くらい来てくれれば良いとおもっていたのですが、かなりの方が来場・視聴して下さって驚きました。東京・大阪の方が大きなイベントがあるなか、名古屋でやってみてどうなるか心配していますしたが、今回の熱気は東京・大阪よりむ強いのではないかと感じました。名古屋の人は控え目でコンサートをやっても盛り上がらないと聞くのですが、今回、選手と一体になって盛り上がっている姿を見て本当に良かったなと。名古屋にはこういう素晴らしいファンがたくさんいるので、名古屋でもゲームやeスポーツのイベントをたくさん開催してくださいとみなさんに言いたいですね。」とコメントしていただきました。

『Nagoya eSports Festival』が継続して開催されていくことで、中部エリアでもeスポーツイベントが根付いていくことに期待しています。

DSC_7858

DSC_7909

DSC_7961

イベントの写真、配信アーカイブ、トークショーの内容は以下からチェックしてください。

写真

トークショー

配信アーカイブ

イベントオープニング

ウイニングイレブン エキシビションマッチ

PUBG 4BR

eSports Special Talk Show

DeToNator AVA vs DeToNator LEGENDS

PUBG 8B

参考