パズルゲーム「ぷよぷよ」シリーズが日本eスポーツ連合プロライセンス認定タイトルに、認定大会・プロ大会を4月「セガフェス2018」で実施

Puyopuyo

対戦アクションパズルゲーム「ぷよぷよ」シリーズが、『日本eスポーツ連合(JeSU)』が発行する 「ジャパン・eスポーツ・プロライセンス」の対象タイトルとなったことが発表されました。

パズルゲーム「ぷよぷよ」シリーズがJeSUプロライセンス認定タイトルに

公式サイトでの発表によると、「日本eスポーツ連合」が認定する大会の上位入賞者、「ぷよぷよ」シリーズのIPホルダーであるセガ社がこれまでの実績を元に推薦する選手を対象に、 「ジャパン・eスポーツ・プロライセンス」が発行されます。

プロ認定大会が4/14(土)に開催
2018年4月14日(土)に「セガフェス2018」のサテライト会場にて開催される「ぷよぷよカップ in セガフェス2018」にて、初となる認定大会を開催。優勝・準優勝の選手に「ジャパン・eスポーツ・プロライセンス」の発行資格が与えられます。

プロ大会「ぷよぷよチャンピオンシップ in セガフェス2018」

4月15日(土)には、「事前の推薦」および「ぷよぷよカップ in セガフェス2018」でプロライセンスを獲得した選手のみが出場可能な「ぷよぷよチャンピオンシップ in セガフェス2018」が、優勝賞金100万円にて開催されます。

賞金

  • 1位: 100万円
  • 2位: 50万円
  • 3-4位: 10万円
  • 5位以下: 5万円

当サイトでは取り上げませんでしたが、2016年に「ぷよぷよ」のeスポーツ化を目指し、一部のトッププレーヤーとゲーム開発会社が「ぷよぷよ」に類似する独自ゲームに、ランキングやオンライン対戦の機能を追加した「Magical Stone(マジカルストーン)」を展開していました。こちらは様々な問題が重なりプロジェクトは休止となっていましたが、約2年がたち、ついに公式な「ぷよぷよ」シリーズのeスポーツ展開がスタートすることになりました。

情報元