eスポーツ施設『LFS(ルフス) 池袋 esports Arena』が2018年4月15日(日)にオープン、防音仕様の「ボックス型選手席」や最大100台のゲーミングPCを設置

lfs_open

株式会社サードウェーブが東京最大級のeスポーツ施設『LFS 池袋 esports Arena』を2018年4月15日(日)にオープンすると発表しました。

東京最大級のeスポーツ施設『LFS 池袋 esports Arena』

『LFS』は「いっしょにプレイしようぜ!」という意味を持つ「Looking for Squad」の略称で、ゲームプレイを思う存分楽しめるこの施設を通じてゲームに関わる全ての人たちに新たな仲間を作って欲しいという想いから名付けたと説明されていました。

施設には、サードウェーブが展開するドスパラのゲーミングPCブランド「ガレリア」の高性能ゲーミングパソコン最大100台や、防音仕様の「ボックス型選手席」などの設備が設置されます。

施設情報

  • オープン予定日: 2018年4月15日(日)
  • 住所: 東京都豊島区東池袋1丁目43番6号 D-BOXビル 地下1階
  • 営業時間: 24時間 ※定休日は不定期(イベント開催及び準備日は一般入場を制限する場合あり)

利用料金については、日本経済新聞の記事に、3時間で1,000円ほどになるとの記載がありました。

特徴

  • 高性能ゲーミングPC「GALLERIA」を最大100台設置
  • eスポーツ大会開催を前提としたステージと防音仕様「ボックス型選手席」完備
  • ネットワーク環境・ネット配信設備完備
  • 個人での利用可
  • 大会・イベント開催可能

防音仕様の「ボックス型選手席」を常設する日本のeスポーツ施設はこちらが初になると思われます(e-sports SQUARE AKIHABARAにも目隠しのようなものはありましたが防音ではなかったと記憶しています)。

「ボックス型選手席」は大会等にて観客の歓声・実況音声などが選手のプレーを妨げないように設けられるものです。韓国の『Starcraft』プロリーグで使用されていたものが広がっていったと思われます。

e-Sports Stadium
2010年の写真。これは防音仕様ではありませんが…。(韓国・龍山の『e-Sports Stadium』を見学してきました)

台湾『Garena Esports Stadium』のボックス選手席(2016年撮影)。

Japan DeToNatorが台湾プロリーグ『A.V.A Elite League 2016 Spring』に参戦した時に『Garena』のボックス選手席に入ることが出来たのですが、空気があまり流れなかったりパソコンの発熱でボックス内の温度が上がるため、暑さ対策としてエアコンが設置されていました。

また、他チームに続く試合の場合は選手の汗でにおい対策が必要で消臭スプレーをまく必要があったりと、利用者でないと体験出来ない不便が存在していることがわかりました。

The International 2017 Dota 2 Championships
Dota 2世界大会『The International 2017』ではメインステージに防音選手席が登場。

ルフスの「ボックス型選手席」がどのようなものになるか、是非ともオープン後に見学に行ってみたいと思います。

施設の最新情報は、下記の公式Twitterでチェックできます。

情報元