日本eスポーツ連合が『第18回アジア競技大会』eスポーツ部門の日本代表選考を2018年5月26日(土)、27日(日)に実施

jesu-jpn-qualifier

一般社団法人日本eスポーツ連合が、2018年8月18日(土)~9月2日(日)にインドネシアで開催となる『第18回アジア競技大会』eスポーツ競技の日本代表選考を実施すると発表しました。

日本eスポーツ連合が『第18回アジア競技大会』eスポーツ部門の日本代表選考を実施

『第18回アジア競技大会』では6つのゲームが競技ゲームに採用されており、日本代表の選考は『Arena of Valor』を除く下記5タイトルを対象に実施されます。

日本代表選考タイトル

チーム競技

  • League of Legends (PC、MOBA)
  • Pro Evolution Soccer 2018 (PlayStation4、SPORTS) [出場登録]

個人競技

  • StarCraft II: Legacy of the Void (PC、RTS)
  • Hearthstone (Mobile、Card)
  • Clash Royale (Mobile、Card)

選考方法

  1. eスポーツ施設『LFS 池袋 esports Arena』で5月26日(土)、27日(日)に日本代表決定戦を実施
  2. 過去の大会実績を元にIPホルダーと協議の上で代表選手を選考

『JeSU』による上記各選考を経て、日本の国内オリンピック委員会(NOC)である「日本オリンピック委員会」(JOC)によって日本代表の『アジア競技大会』出場登録が行なわれます。

各ゲームごとに1チーム・1選手が日本代表として登録可能で、選抜された日本代表は6月からの東アジア予選で本戦の出場枠をかけた競技に挑みます。

スケジュール

  • 2018年5月10日~5月31日: 登録期間
  • 2018年6月10日~20日: 地域予選(東アジア、南アジア、東南アジア、中央アジア、西アジア)

東アジア 本戦出場枠

  • League of Legends – 3チーム
  • Pro Evolution Soccer 2018 – 2チーム
  • Arena of Valor – 3チーム
  • StarCraft II: Legacy of the Void – 2選手
  • Hearthstone – 2選手
  • Clash Royale – 2選手

『第18回アジア競技大会』でのeスポーツ部門のタイトルを紹介した際に、スケジュールやスキーム的にも今回の日本代表出場は難しいのではないかということを書きましたが、まさかの予選実施、そしてJOCを通じた日本代表派遣が行なわれるということになりました。

情報元

Leave a Reply

Your email address will not be published.