『Evil Geniuses』がDota 2部門のメンバーを変更、FearとMISERYがラインナップから除外に

『Evil Geniuses』がDota 2部門のメンバーを変更を発表しました。

『Evil Geniuses』がDota 2部門ラインナップからFearとMISERYが除外に

今回脱退となったのは、『Evil Geniuses』の顔でもあるベテラン United States Fear 選手と、サポートを担当する Denmark MISERY 選手。

Evil Geniuses は2017年12月にメンバーおよびロールの大幅変更を実施。約半年ほどプレーしてきましたが、『Dota Pro Circuit』では現在11位で、8月に開催される『The International 2018』の招待出場権を得られるベスト8入りは厳しい状態となっています。

『Dota Pro Circuit』は期間中にメンバーを変更すると招待出場権を得られなくなるというルールが定められていますが、招待権獲得が難しいこともあり、チームはメンバーを入れ替えてオープン予選から『The International 2018』の出場権獲得を狙う方針を選びました。

Evil Geniuses Dota 2

  • Canada Artour “Arteezy” Babaev
  • Pakistan Sumail “Suma1L” Hassan
  • Canada Andreas “Cr1t-” Nielsen

脱退

  • Denmark Rasmus “MISERY” Filipsen
  • United States Clinton “Fear” Loomis

Fear選手は「とても疲れる失望したシーズンだった」とツイート。
MIRERY選手は「EGにキックされてホッとしているよ」と投稿しており、最後の方はチーム内があまり良い関係性ではなかったと推測できます。

情報元

ゲーム紹介