体も動かすeスポーツ、『ESL』主催のVR eスポーツ大会『Onward Invitational』で「Globochem」が優勝

VR eスポーツリーグ『VR League』の初となるオフラインイベント『Onward Invitational』で、「Globochem」が優勝となりました。

Onward Invitational

『Onward Invitational』は、競技ゲームに「VRのCounter-Strike」と呼ばれるというVR FPSゲーム『Onward』を採用して開催されました。

大会には、『VR Master League』の上位4チームが出場し、2018年6月16日、17日にイギリスの「ESL studio」にてオフラインで実施されました。

ゲームは4vs4方式で行なわれ、選手はVRヘッドセットと専用コントローラーを着用してプレーを行ないます。

競技スペースは、隣の選手にぶつからないようかなり広く取られていました。

この大会は非常に面白く、プレーヤーの動きがゲーム内とほぼ連動します。プレーを進めるにあたり、しゃがみ、ジャンプ、回転などの動作が必要になり、パソコン・スマートフォン・ゲーム機などで行なわれる「eスポーツ」よりも非常に運動量が多いのが特徴でした。

「eスポーツは体を動かさないからスポーツではない」という意見もありますが、「VR eスポーツ」においてこの意見はあてはまらないと言えるでしょう。

選手とプレーヤーの動きが連動する様子

選手の感情が伝わってくるのはVR eスポーツも同様

優勝の瞬間

大会の賞金総額は$10,000で、優勝した「Globochem」には$5,000が贈られました。
今後、FPS以外にもRTSやMOBAといったVRゲームでの競技が行なわれるとしたらどのようになるのか、非常に興味があります。

大会の試合動画は、以下のFacebookページから見ることが出来ます。

情報元