毎日新聞とサードウェーブが『第1回 全国高校eスポーツ選手権』を開催、大会出場最大100校に3年間のゲーミングPC無償レンタルを実施

株式会社毎日新聞社と株式会社サードウェーブが、『第1回 全国高校eスポーツ選手権』の開催を発表しました。

第1回 全国高校eスポーツ選手権

日本最古の新聞社 毎日新聞社とゲーミングPCブランド『ガレリア』を展開するサードウェーブは、全世界で巻き起こっている“eスポーツ”のムーブメントを日本にも広く浸透し、新時代を象徴する「新しい文化」として育み発展させていくために共同プロジェクトをスタート。

その取り組み第1弾として、「eスポーツ版甲子園」とでもいうべき新聞社主催による高校生eスポーツ大会『第1回 全国高校eスポーツ選手権』の開催と、その出場校を支援するゲーミングPC 3年間無償レンタルの施策が実施されます。

第1回 全国高校eスポーツ選手権

eスポーツを楽しむ仲間が集まり、同好会や部活動を作って活動する高校生が増え、日本の新しい文化として定着・発展していくことに期待

eスポーツ部 発足支援プログラム

大会へのエントリーを条件に、ゲーミングPC“GALLERIA”を先着申し込み100校に対して3年間無償レンタル。高校の部活動での機器導入を容易にし、eスポーツを楽しむ高校生の裾野拡大を後押し。

第1回 全国高校 eスポーツ選手権 – ALL JAPAN HIGH SCHOOL esports CHAMPIONSHIP

  • エントリー受付:2018年 9月~12月上旬(予定)
  • オンライン予選: 2018年12月下旬 ※試合はインターネット上のみで開催
  • オフライン決勝: 2019年03月下旬 ※試合は都内会場で開催予定
  • タイトル : 『リーグ・オブ・レジェンド』(PC)※その他のタイトルは後日発表予定
  • 参加費用:無料
  • 参加資格:日本在住の高校生、高等専門学校生、定時制高校生、通信制高校生(15歳~18歳)
  • 主催: 毎日新聞社
  • 共催: 株式会社サードウェーブ

毎日新聞はeスポーツ記事の取り扱いが増えている印象がありましたが、まさか大会主催まで行なうことになるとは思いませんでした。

サードウェーブの大浦豊弘氏に何度かお話を聞かせて頂いた事がありますが、「既存eスポーツファン以外の新規ユーザー取り込み」が重要であることをいつも強調されています。その一巻としてeスポーツ専門施設「LFS(ルフス) 池袋 esports Arena」が2018年4月、東京・池袋に登場

そして、ゲーミングPCを期間限定で無償レンタルすることで若い学生達にPCゲームに触れる機会を作りながら、さらにeスポーツ大会への道も作るというのが新たな取り組みとな
ります。

『GALLERIA GAMEMASTER CUP』では『Counter-Strike: Global Offensive』が競技ゲームに採用されていたので、『第1回 全国高校 eスポーツ選手権』にも選ばれてほしいところです(学生向けなので厳しそうですが)。

情報元