Dota 2公式世界大会『The International 2018』の賞金総額が歴代最高となる2480万ドル(約27.4億円)を突破、8/21(火)2時より本戦開始

Dota 2公式世界大会『The International 2018』の賞金総額が、eスポーツ史上最高賞金総額で実施された2017年大会の「$24,787,916」を突破しました。

The International 2018

『The International 2018』は、2018年8月15日~25日にかけてカナダで開催されるDota 2の公式世界大会です。

基本賞金総額は160万ドルですが、大会の関連ゲーム内アイテムが購入されるごとにその25%が賞金総額に配分される仕組みが採用されています。

http://dota2.prizetrac.kr/international2018 より

大会賞金総額は、一時期昨年を下回るペーストなった時期もありましたが、順調に増額を続け、ついに昨年の最高賞金総額記録を更新しました。
賞金の増額は、大会最終日の8月25日まで継続されます。

大会関連アイテム

大会は、日本時間の8月21日(火)2時よりプレーオフの開幕戦となる Europe Team Liquid vs. United States OpTic Gaming が実施されます。その前にオープニングセレモニーが実施されるので、下記Twitchチャンネルをフォローして配信開始通知を受け取るようにしておくと良いでしょう。

ちなみに、『The International 2017』の賞金総額はeスポーツ史上最高記録となっており、国内でeスポーツを紹介する資料において「賞金総額27億円を越える大会も(ゲームタイトル表記なし)」と紹介されるのが一般的になっています。

2018年6月、『Epic Games』が『Fortnite』の世界大会『2019 Fortnite World Cup』を賞金総額1億ドル(約110億円)で開催すると発表しており、大会が開催された後には上記の表現が更新されることになる見込みです。

賞金総額1億ドル(約110億円)の『2019 Fortnite World Cup』が2019年後半に開催、2018年秋より予選スタート

関連情報

Dota 2世界大会『The International 2018』グループステージ終了、プレーオフの組み合わせ決定

情報元

ゲーム紹介