プロスポーツチームのみが参戦可能なeスポーツリーグ『League of Professional Esports』が2019年に開催、運営会社を日本アカツキ社が子会社化

プロスポーツチームのみが参戦可能なeスポーツリーグ『League of Professional Esports』の設立が発表されました。

League of Professional Esports

『League of Professional Esports』は、ドイツを拠点とするPROFESSIONAL ESPORTS LEAGUE, S.L社が主催するeスポーツリーグで、出場するのは世界中の伝統的スポーツチームのみというレギュレーションで実施されます。

『LPE』は「多様性」「透明性」「プロフェッショナリズム」をバリューとし、スポーツマンシップに則ったeスポーツリーグを目指していくとのこと。

また、強い暴力表現を含むゲームタイトルを競技ゲームに採用しないことでゲームをより健全でポジティブなものとして、選手とファンがゲーム本来の楽しさに熱狂できるリーグ運営を行なっていくとのことです。

ファーストシーズンは賞金総額$500,000にて2019年よりスタート予定で、下記7チームの出場が確定しています。現在、この他のスポーツチームとも出場に向けて話し合いを持っているとのことでした。

出場確定チーム

  • Spain FC Barcelona (サッカー)
  • Netherlands Ajax (サッカー)
  • Turkey Galatasaray (サッカー)
  • Japan Tokyo Verdy (サッカー)
  • Brazil Santos F.C (サッカー)
  • Spain Real Sociedad (サッカー)
  • Spain Villarreal (サッカー)

競技ゲームタイトルはいまのところ明らかにされていませんが、出場チームを見る限りサッカーゲームが採用される確率はかなり高そうです。

日本アカツキ社が運営会社を子会社化

「ドラゴンボールZ ドッカンバトル」等のモバイルゲームやライブエンタテイメント事業を手がける日本のアカツキ社は、このPROFESSIONAL ESPORTS LEAGUE, S.L社の株式65%を300万ユーロ(約3.8億円, 1ユーロ=127.76円)で獲得し子会社化。『League of Professional Esports』の運営をサポートするとともに、アジアにおける事業開発パートナーとしてeスポーツに関わっていきます。

情報元