『CS:GO』アップデート(2018-10-29)、マップ「Cobblestone」がハロウィン仕様に

『Counter-Strike: Global Offensive』のアップデートがリリースされています。

Release Notes for 10/29/2018

今回は、主にバグの修正とハロウィンに対応したアップデートとなっています。

「Casual」「Demolition」「Flying Scoutsman」モードにおける「Cobblestone」がハロウィン仕様となり、ローディング画面が変更されている他、マップ内にロウソクが配置されたり、ニワトリが幽霊のかぶり物をしてかわいらしい様子になっています。

SPECTATOR

  • 体力のシャドウバー(赤い状態の時)が適切な位置にアップデートされないことがあるのを修正した(特に後半ラウンドで発生)
  • 死亡したプレーヤーのガイコツアイコンが観戦者HUDにて誤った色で表示されてしまうことがあるのを修正した

HALLOWEEN

  • de_cbbleのローディング画面をアップデートした
  • ゴーストの腕モデルが適切にプリキャッシュされるようにしたことで適切に読み込まれるようになり、viewモデルに関連するいくつかの問題が修正された

MISC

  • Panorama UIのビデオオプションに輝度に関する設定を再実装した
  • ミュージックキットの名前が長すぎることでStatTrak MVPカウントが途切れてしまうのを修正した
  • 巨大なworkshopマップのアップロードに失敗することがあるのを修正した

情報元

ゲーム紹介