シンポジウム『e-sportsは日本を変える!?』が2018年11月26日(月)に日本大学 理工学部 駿河台キャンパス(東京)で開催

一般社団法人コラボ産学官 主催のシンポジウム『e-sportsは日本を変える!?』が2018年11月26日(月)に開催されます。

シンポジウム『e-sportsは日本を変える!?』

シンポジウム『e-sportsは日本を変える!?』は、下記のような下記のような展望の元に開催されるシンポジウムです。

e-sports×アカデミア
世界中で多くの人々が関心を寄せる「e-sports」。
WEBで観戦し楽しむ人もいれば、高額賞金の大会に出場するトッププレイヤー達もいます。早くから「e-sports」を、競技・産業と捉えた海外の国々に対して、日本はすでに「e-sports後進国」となっています。「e-sports」が巨大市場を生み出し始めている中、日本では、果たして「e-sports」が産業として、新たに発展していくのか、様々な角度からその可能性と拡がりについて展望してまいります。

eスポーツ業界の関係者のみならず、幅広い識者が登場しての基調講演や討論会が実施されます。

シンポジウムは事前登録制、参加費無料となっています。

プログラム

13:00~13:05

挨拶 一般社団法人コラボ産学官、日本大学

13:05~13:30

基調講演1
テーマ:「コンテンツ産業の現状と未来 ~eスポーツの発展に向けて~」
講師:経済産業省 商務情報政策局
コンテンツ産業課 課長補佐(産業戦略)吉丸 尚宏 氏

13:30~14:30

基調講演2
テーマ:eスポーツで茨城の魅力を発信!
「全国都道府県対抗eスポーツ選手権2018 IBARAKI」の開催に向けて
講師:茨城県国体・障害者スポーツ大会局総務企画課
参事兼課長 西野 浩二 氏

14:30~14:50

学生によるプレゼンテーション
~e-sportsの基礎知識、ジャンルの紹介など~

15:00~17:00

パネルディスカッション(討論会)
テーマ:「e-sportsを新産業として開花させるには」
<モデレータ> 日本大学 生産工学部 数理情報工学科 教授 古市 昌一氏
<アシスタント>ポノス所属esportsキャスター トンピ?氏
<パネリスト>
国立病院機構 八雲病院 作業療法士 田中 栄一氏
合同会社DMM GAMES 山下 航平氏
株式会社JTBコミュニケーションデザイン
日本大学 文理学部 情報科学科 准教授 宮田 章裕氏

<コメンテータ>
株式会社SQOOL 代表取締役 加藤 賢治氏
日大e-sportsサークル代表 amahuku 氏

17:00~
質疑応答及びアンケート記入

17:30~19:00
交流会・スマホゲーム「動物タワーバトル」(開催予定あり)

開催情報

情報元