日本プロゲームチーム『DeToNator』が『PUBG』PC・モバイル部門の設立構想を発表

日本のプロゲームチーム Japan DeToNatorが、バトルロワイヤルゲーム『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』PC・モバイル部門の設立構想を発表しています

『DeToNator』が『PUBG』PC・モバイル部門の設立構想を発表

近年『DeToNator』は『PUBG』の韓国プロリーグ、『Dota 2』の東南アジアという海外展開と、日本では『Alliance of Valiant Arms』と『ARMS』部門という活動を行なっており、海外での動きに注力している印象でした。

そして今回、久々に日本で新たな部門の立ち上げを発表。活動タイトルは『PUBG』のPC版とモバイル版となり、PC版ではJapan DETONATOR_JPとして11月24日(土)に実施される『Predator League 2019 Japan Round』Week 1に出場予定です。こちらには、AVA部門のメンバーとして活躍してきた Japan S.Monkey選手、Japan MyYqAwNG 選手を中心とした構成で出場予定とのこと。

PC部門・モバイル部門のメンバーは、今後発表する募集方法を通じて決定されます。PC版は、『Predator League 2019 Japan Round』に出場する2選手も選考対象となりますが、現時点で採用が確定しているわけではありまん。PC版チームは、日本公式大会『PUBG JAPAN SERIES』への参加を目標としていく計画です。

※11/16追記:公式サイトでの補足に合わせて、PC版選手の構成に関する部分を記載を変更いたしました

代表の江尻氏は、久々の部門設立を発表した理由について「PUBGというタイトルに貢献したい」「PUBG部門を通じて若い世代の選手を育成していくという大きなプロジェクトとしていきたい」ということを自身のストリーミング配信にて説明していました。

DeToNatorが求める選手についての話もされているので、今後の選考に応募してみたいと考えている人は下記の配信を必ずみておきましょう。

配信アーカイブ

DeToNator_ch – まさるの部屋11月号:新展開の記事アップしたので説明しますね – Twitch

情報元

ゲーム紹介