国際eスポーツ大会『WESG 2018-2019』日本予選Dota 2部門の出場チーム・予選グループ組み合わせ発表

中国のアリスポーツが主催する国際eスポーツ大会『World Electronic Sports Games 2018-2019(WESG)』の日本予選Dota 2部門の出場チームが発表されました。

『WESG 2018-2019』日本予選 Dota 2部門

Dota 2予選には8チームが出場。4チーム×2グループの予選リーグの上位2チームが決勝トーナメントに進出。優勝チームは日本、マカオ、台湾、モンゴル、香港、韓国の代表チームが出場して実施される東アジア予選の出場権を得ることが出来ます。

Aリーグ

  • Japan Wisp ZINNIA – mriny, Noah丸, SS, うたたねかえる, fujiyama
  • Japan 元プロエンビー – ume, lsy, desho, xym, homehome
  • Japan emahome – ema, asama, Yusagi3c, yoshiman, pititan
  • Japan ぽんたぶらざーズ – MarusuMan, Tjaaay, Eryngii, ふぁんたろう, GORORI

Bリーグ

  • Japan omaera dota wo yare – heromu, RidingD’s, nubao, Puru, toyomaru
  • Japan Chaos – 0Maru, SuiMinD_, Suan, baseballDogs, fuu
  • Japan Arabian Knights – Arab, TaMaX, Jiro, darai, hamon
  • Japan TKG.Himawari Kindergarten – ほそかも, Pain, NIL, teru_sanada, SaKuRa

2018年7月に開催された『dotaまらカップ2018』優勝のJapan Scarusメンバーを中心とした Japan 元プロエンビー、同大会準優勝の Japan Chaos、『Japan Dota League』に参戦中の Japan emahome、Japan Arabian Knights、Japan THK、プロチームや国際大会に出場していた選手もいる Japan omaera dota wo yare、Japan ぽんたぶらざーズ、実力者も多い Japan Wisp ZINNIA といった顔ぶれとなっており、どのチームが日本代表となるか非常に楽しみです。

※当初、DOtaまらカップの結果順が誤って掲載していました。大変失礼しました。

ストリーミング配信

大会は、OPENRECでの独占配信を通じて観戦可能となります。

情報元

ゲーム紹介