『WESG 2018-2019』Dota 2日本予選で元ぷろエンビーが優勝、東アジア予選の日本代表出場権と賞金2万ドル(約225万円)を獲得

中国のアリスポーツが主催する国際eスポーツ大会『World Electronic Sports Games 2018-2019(WESG)』の日本予選Dota 2部門で Japan 元ぷろエンビー が優勝となりました。

WESG 2018-2019 日本予選

日本予選には8チームが出場しオンラインで実施されました。
初日は4チーム×2グループの総当たり戦が行なわれ、各グループの上位2チームずつがプレーオフに進出。

プレーオフはシングルエリミネーション方式トーナメントで、準決勝はグループステージと同じくBest of 1、決勝のみBest of 3形式での対戦となりました。

日本代表を決定する決勝戦は、2018年7月に開催された『dotaまらカップ2018』優勝のJapan Scarusメンバーを中心とした Japan 元プロエンビー、同大会準優勝の Japan Chaos という組み合わせ。

決勝はどちらの試合もJapan Chaosが中盤頃までゲームをリードするも、Japan 元プロエンビーが集団戦で勝っていくことで流れを取り戻すという展開となり、Japan 元プロエンビーが2-0で勝利。Japan 元プロエンビーは優勝賞金2万ドルと日本、マカオ、台湾、モンゴル、香港、韓国の代表チームが出場して実施される東アジア予選の出場権を獲得しました。東アジア予選は、2018年12月にオンラインで行なわれる予定です。

今大会は、開催直前に大型アップデートのバージョン7.20がリリースされ、大会中にも「7.20c」までアップデートするなど、ゲームのアップデートに大きな影響を受ける結果となりました。

順位

  • 1位:Japan 元プロエンビー – ume, lsy, desho, xym, homehome – $20,000 + 東アジア予選出場権
  • 2位:Japan Chaos – 0Maru, SuiMinD_, Suan, baseballDogs, fuu
  • 3-4位:Japan omaera dota wo yare – heromu, RidingD’s, nubao, Puru, toyomaru
  • 3-4位:Japan ぽんたぶらざーズ – MarusuMan, Tjaaay, Eryngii, ふぁんたろう, GORORI
  • 5-6位:Japan emahome – ema, asama, Yusagi3c, yoshiman, pititan
  • 5-6位:Japan TKG.Himawari Kindergarten – ほそかも, Pain, NIL, teru_sanada, SaKuRa
  • 7-8位:Japan Wisp ZINNIA – mriny, Noah丸, SS, うたたねかえる, fujiyama
  • 7-8位:Japan Arabian Knights – Arab, TaMaX, Jiro, darai, hamon

プレーオフ

ファイナル

  • Japan 元プロエンビー [2-0] Japan Chaos

セミファイナル

  • Japan Chaos [1-0] Japan ぽんたぶらざーズ
  • Japan 元プロエンビー [1-0] Japan omaera dota wo yare

グループステージ

  • 3勝0敗:Japan 元プロエンビー [プレーオフ進出]
  • 2勝1敗:Japan ぽんたぶらざーズ [プレーオフ進出]
  • 1勝2敗:Japan emahome
  • 0勝3敗:Japan Wisp ZINNIA

Bリーグ

  • 3勝0敗:Japan Chaos [プレーオフ進出]
  • 2勝1敗:Japan omaera dota wo yare [プレーオフ進出]
  • 1勝2敗:Japan TKG.Himawari Kindergarten
  • 0勝3敗:Japan Arabian Knights

配信アーカイブ

大会の配信アーカイブは下記より視聴可能です。

情報元

ゲーム紹介