韓国プロゲームチーム『Team MVP』が日本進出、2005年に日本プロチーム4dimensioNを立ちあげた竹田恒昭氏が代表に就任

韓国を拠点とするプロゲームチーム Korea Team MVPが、Japan Team MVP Japanを設立し日本に進出したことが発表されました。

韓国プロチーム Team MVP Japan

公式発表によると、チームからのオファーを受けTeam MVP Japanの代表に就任したのは Japan Buddha のゲームネームで活動する Japan 竹田恒昭氏。

今回の設立に関連して、竹田氏はTeam MVPの共同経営権を取得。Team MVPブランドの日本における使用権を獲得した他、MVPが持つeスポーツチームのマネジメントのノウハウ、リソース、育成指導システムなどを活用して日本eスポーツの発展に貢献していくとしています。Team MVP Japanは、今後世界を目指したい腕のあるプレーヤーの募集や勧誘を実施していく計画です。

チーム公式サイトによると、韓国チームは「CS:GO」「League of Legends」「Overwatch」「PUBG」といったグローバルタイトルを中心に活動を展開しています(過去にはDota 2でも活動)。日本だとLoLは公式プロリーグ『League of Legends Japan League』、PUBGもプロリーグ相当の公式大会『PUBG JAPAN SERIES』が存在していますが、韓国準拠でこれらグローバルタイトルで活動するのか、格闘ゲームやスポーツゲームなど日本eスポーツ連合の認定タイトルに参戦していくのでしょうか。

ちなみに、竹田氏は自身が代表取締役を務めた株式会社 才民でCounter-Strike1.6の日本トップチーム Japan 4dimensioNとマネジメント契約することで日本で初となるesportsのプロチームを2005年に誕生させた他、2018年の『日本eスポーツ連合』発足へとつながっていく『日本eスポーツ協会設立準備委員会』(2007年)の創設メンバーなどとして活躍した人物です。竹田氏は2006年に韓国のCounter-Strikeチーム Korea LAVEGA-Gamingとマネジメント契約を締結し、韓国プロチームの運営も行なっていたこともあります。Team MVP JapanがCounter-Strikeシリーズで展開していくのか気になりますが、現在はグローバルの最高グレード大会では1組織で複数チームを保有できないルールがあるので、日本での正式展開は難しいかもしれません。

竹田恒昭氏のコメント (Team MVP Japan, CEO)

Team MVPの一員となり光栄です。この新プロジェクトは、日本・韓国のみならず世界中に大きなインパクトを与えるものになると信じています。日本進出に続いて、アジア太平洋地域、アメリカ、ヨーロッパへと進出し、真のグローバルeスポーツチームとなることを目指します。日本のeスポーツシーンが競争力を持ちより良くなるよう、全力を尽くしていきます。

Yunsang Choi氏のコメント (Team MVP 創設者・CEO)

Team MVPは、Team MVP Japanを可能な限りサポートしていきます。この取り組みは、Team MVPが国際チームとなるための様々な機会をもたらすことになるでしょう。

左: Yunsang Choi氏 右: 竹田恒昭氏

また、チーム公式Twitterが投稿した写真に、元4dimensioNメンバーの paranoia氏が写っているのも個人的にきになるところです(一番左)。

関連記事

4dN.psymin結成プレスリリース

4dN.PSYMIN.kr発足 プレスリリース

情報元