『CS:GO』が競技ゲームに採用、『eSPORTS国際チャレンジカップ~日本代表vsアジア選抜~』2019年1月26日(土)・27日(日)に開催

一般社団法人日本eスポーツ連合(JeSU)とアジアeスポーツ連盟が『eSPORTS国際チャレンジカップ~日本代表vsアジア選抜~』を2019年1月26日(土)・27日(日)に開催すると発表しました。

eSPORTS国際チャレンジカップ~日本代表vsアジア選抜~

『eSPORTS国際チャレンジカップ~日本代表vsアジア選抜~』は、「闘会議 2019」と「ジャパン アミューズメント エキスポ2019」も行なわれる幕張メッセ ホール4にて実施されます。

開催情報

  • 開催日:2019年1月26日(土)・27日(日)
  • 会場:幕張メッセ ホール4
  • 賞金総額:1,500万円

競技ゲーム

  • Counter-Strike: Global Offensive
  • ウイニングイレブン 2019
  • ストリートファイターV アーケードエディション
  • 鉄拳7

入場料

  • 優先入場券 1日券: 2,000円 / 2日通し券: 3,500円
  • 一般入場券 1日券: 1,500円 / 2日通し券: 2,500円
  • 当日入場券 1日券: 2,000円
  • 小学生以下入場無料
  • 販売サイト:http://tokaigi.jp/

「ウイニングイレブン 2019」「ストリートファイターV アーケードエディション」「鉄拳7」はJeSUのライセンス認定タイトルです(ウイイレは厳密には2018)。

『Counter-Strike: Global Offensive』はこの中には含まれていませんが、2018年11月に台湾で実施された国際大会『IESF’s 10th Esports World Championship』のCS:GO部門日本代表をJeSUが派遣するという関係性がありました。

競技方法や出場選手は後日発表されるとのこと。
実績で考えると『GALLERIA GAMEMASTER CUP 2018』で優勝し、アジア大会『ZOWIE eXTREMESLAND CS:GO ASIA 2018』と国際大会『IESF’s 10th Esports World Championship』した Japan Absolute(当時はSCARZ Absolute)、同大会準優勝の Japan Ignisが候補チームとなる可能性が高そうです。

関連記事

CS:GO『GALLERIA GAMEMASTER CUP 2018』でSCARZ Absoluteが優勝し2連覇達成、選手に感動したサードウェーブ榎本氏が2019年大会の開催を宣言

情報元

ゲーム紹介