プロゲームチームDeToNator代表江尻氏の著書『DeToNatorは革命を起こさない ゲームビジネスで世界を目指す』が2019年3月30日(土)に発売

プロゲームチーム Japan DeToNatorの代表をつとめる Japan 江尻 勝氏の著書『DeToNatorは革命を起こさない ゲームビジネスで世界を目指す』が、KADOKAWAより2019年3月30日(土)に発売になります。

DeToNatorは革命を起こさない ゲームビジネスで世界を目指す

公式サイトでは、本書の内容について以下のように説明されています。

世界最高峰の競技シーンに飛び込むために必要なこととは!?

人気・実績ともに日本トップクラスのプロゲーミングチーム・DeToNator。
早くから海外競技シーンに挑戦して成果を積み上げる一方で、所属ストリーマーたち(SHAKA、YamatoN、StylishNoob、SPYGEA)の配信でゲームの楽しさをアピールし続けている。
代表を務める江尻勝氏は、元美容師という異色の経歴の持ち主。現場仕事で生きてきた彼の流儀は、日本のesports業界に当てはめると型破りだ。だが、世界に目を向けて見ると、それこそが“王道”であると気づかされる。

ゲームといっしょに歩むためのビジネス論をまとめた一冊。

「日本のesports業界に当てはめると型破りだ」という紹介がありますが、Japan DeToNatorは、多くの大手日本プロゲームチームが国内で開催されるプロリーグや公式大会をメインに活動しているのとは対象的に、活動の拠点を日本のみに限定せず海外での展開を積極的に行なっています。

現在では、『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』で韓国プロリーグ『PUBG Korea League 2019 Phase 1』に参戦しており、ランキング1位

『Dota 2』では、吉本興業のesportsチーム Japan YOSHIMOTO Gamingと共同で Yoshimoto.DeToNatorを結成し、近年ハイレベルな競技シーンとして注目される東南アジアで展開。2019年シーズンは非常に好調で東南アジアシーンで存在感を放っています。

国内でも『PUBG Mobile』部門が公式大会で優勝、所属ストリーマーはトップクラスの人気を誇り、サンリオとコラボイベントを開催したり、子供向けのゲーム塾企画を実施するなど異彩を放つ展開をすすめています。

本書では、日本の他チームとは大きく異なる展開を進めるDeToNatorが、なぜこのような方法を採っているかなど、江尻氏の様々な考えを知ることが出来そうです。

情報元