「esports」について改めて考えさせられる一冊、書籍『DeToNatorは革命を起こさない ゲームビジネスで世界を目指す』

今年で設立10周年を迎えるプロゲーミングチーム Japan DeToNator 代表・ Japan 江尻勝氏の著書『DeToNatorは革命を起こさない ゲームビジネスで世界を目指す』が2019年3月30日(土)に出版されました。

DeToNatorは革命を起こさない ゲームビジネスで世界を目指す

本書は、「賞金総額20億円を越える世界大会もあり~」「eスポーツの競技人口は1億人を超え~」「年収1億円のプロゲーマーも~」というような、よくあるテンプレートでeスポーツを紹介するものではありません。

江尻氏がこれまでの活動を通じて自らが実践・体験・見聞してきたことを中心に、今後のDeToNatorの活動やeスポーツを含むゲーミングシーンについて書かれたものとなっているため、その内容についての説得力・納得感が圧倒的です。

書かれていることはどれもが興味深いもので、Kindleのマーカー機能でメモした部分は60箇所を超えるほどでした。そのような状態なので内容について細かく説明しているときりがないため、esportsやDeToNatorに興味がある人ならば読んでみたくなりそうなトピックをざっと紹介しします。

トピック

  • DeToNatorはプロeスポーツチームではなく、プロゲーミングチーム
  • DeToNatorが教育・広告事業を展開していくことを決めた理由
  • 本格的にeスポーツを学ぶのに18歳では遅すぎる
  • お金や環境を与えれば選手が真剣に取り組むと思ったら大間違い
  • DeToNatorが海外を中心に展開するのはなぜか
  • 「esportsはスポーツか」「プロゲーマーとは?」という議論は無意味

江尻氏が考えるesportsの現状に関する意見や姿勢は、「よくぞ書いてくれました」「江尻さんの立場でこれを書いてしまうのはすごい」というように個人的に同意出来るものが多くありました。一方で、この意見や指摘に対し、改めて自分はどうかと考えさせられる部分もあったりするなど感情を揺さぶられる内容も多く含まれています。

世界を舞台に活動するプロゲーミングチームを率いる人物がどのような考えで取り組みをしているのかを知ることが出来る貴重な一冊です。「esports」を含むゲーミングシーンに興味のある方は是非読んでみてください。

DeToNatorは革命を起こさない ゲームビジネスで世界を目指す
Gzブレイン (2019-03-30)
売り上げランキング: 1,048