eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

中国で「esports」の選手や大会運営者が政府認定職業の候補に選出

2019年4月1日、中国の人力資源社会保障部、市場監督管理局、統計局が、共同で政府認定の職業候補を発表しました。その中に、「esports」の選手や大会運営者が含まれています。

中国で「esports」の選手や大会運営者が新たな職業として認定

サイトでの発表によると、ビッグデータ、人工知能、IoT、クラウドコンピューティングに関連する技術職など13の職業がリストアップされました。その中に、esportsに関連するものとして下記の記載が行なわれています。

  • 电子竞技员 (esports競技者)
  • 电子竞技运营师 (esportsオペレーター)

こちらは現時点では候補であり、今後専門家によって検討が行なわれ採用の可否が決定されるとのこと。

「新たな職業」になるとはどういうことなのか気になるところですが、調べてみたところ中国には職業の資格制度があり、統一試験を通じた資格の取得が可能になっているものもあるようです。

参考サイト

3. 能力開発・キャリア形成支援|基礎情報:中国(2013年)|労働政策研究・研修機構(JILPT)

esportsもこのような流れに中に組み込まれ、ライセンス等が発行されるということになるのでしょうか。
中国の社会制度等には詳しくないため、誤っていましたら申し訳ありません。

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/