Dota 2オフライン大会『まらカップ2019 -in瀬戸内LAN-』が2019年6月16日(日)に広島・mitte宇品で開催決定、元プロSingSing氏がゲストとして来日

Dota 2大会『まらカップ2019 -in瀬戸内LAN-』が2019年6月16日(日)に広島・mitte宇品で開催されます。

まらカップ2019 -in瀬戸内LAN-

出場すると牡蠣がもらえると話題になり、2018年には東京でオフライン大会を実施、そしてValve公式世界大会でそのドキュメンタリが公開された『まらカップ』が、今年はオンライン予選、広島で開催される『瀬戸内LAN』内でのオフライン決勝という流れで実施されます。

『まらカップ2018』ではドキュメンタリのレポーターとして United States SirActionSlacks氏がシークレットゲストとして登場しましたが、今年は2012年、2014年の公式世界大会に出場した元プロゲーマー Netherlands SingSing氏がスペシャルゲストとして来日します。

主催のマラさんとSingSing氏はTwitter等で交流があり、以前から日本に行きたいというやりとりをされていましたが、ついに実現となりました。

瀬戸内LAN Vol.0

  • 開催日:2019年6月14日(金)~16日(日)
  • 会場:mitte宇品(広島県広島市南区宇品西2-16-51 ベイシティ宇品内)
  • 主催:瀬戸内LAN実行委員会

『まらカップ2019』は5月25日、26日にオンライン予選が行なわれ、『瀬戸内LAN Vol.0』最終日となる6月16日(日)14時より会場にてオフライン決勝が実施されます。

大会やエントリーの詳細は改めて発表予定です。

関連記事

出場すると牡蠣をもらえる個人主催Dota 2大会『マラカップ』が10/29(土)に開催、プロを含む30チームが参戦

コミュニティ価値は賞金総額20億円以上、『Dotaまらカップ2018 in Tokyo』オフライン決勝で「Scarus」が優勝、特別ゲストとして公式世界大会インタビュアーSirActionSlacks氏が登場

Dota 2公式世界大会『The International 2018』で日本大会『Mara Cup』のドキュメンタリームービー上映、海外ゲーマー喝采

情報元

ゲーム紹介