Dota 2公式世界大会『The International 2018』で日本大会『Mara Cup』のドキュメンタリームービー上映、海外ゲーマー喝采

カナダで開催中のDota 2公式世界大会『The International 2018』Main Event Day 3にて、2018年7月末に東京・浅草橋で行なわれた『Dotaまらカップ2018 in Tokyo』のドキュメンタリームービーが紹介されました。

Dotaまらカップ2018 in Tokyo

『The International 2018』のサイドコンテンツとして、世界のDota 2コミュニティを紹介。1つ目がブラジルの女性Dota 2大会、そして2つ目に日本の『ENLIFE』が主催した『Dotaまらカップ2018 in Tokyo』が登場しました。

配信アーカイブ

大会の公式インタビュアー United States SirActionSlacks 氏が『Dotaまらカップ2018 in Tokyo』のスペシャルゲストとして会場に現れ日本のDota 2ファンを驚かせましたが、このドキュメンタリー企画の一巻だったというわけです。

DSC_6744

ムービーでは、SirActionSlacks氏が、大会スポンサーの谷本牧場を訪れ牛と触れあったり、マラさんと漁を体験したり、さらには大会会場を訪れてのレポートなどが行なわれています。マラさんとSlacks氏の生み出した笑いと感動は海外ゲーマーにもかなり響いたようで、動画のコメント欄、Twitter、reddit等で絶賛となっていました。

ぜひ動画をチェックしてみてください。

大会自体もとてつもない展開となっており、「Dota Pro Circuit」1位で優勝候補の一角Virtus.proが敗退となり6位に。8月25日(土)2時~、26日(日)2時~から下記チャンネルで放送をリアルタイム観戦することが出来ます。

ENLIFE、マラカップとは

『Dotaまらカップ』は牡蠣漁師の Japan マラさんが、参加者全員に自分が獲った牡蠣を参加賞として提供するというとんでもないレギュレーションで話題を呼び日本最大規模のDota 2オンライン大会となりました。そして、今回の『Dotaまらカップ2018 in Tokyo』は、決勝戦をオフラインにて実施。

さらに、マラさんが新たに立ちあげた団体『ENLIFE』は、「人生にゲームを、ゲームに実感を。」をテーマとし、地方・食文化・ゲーマーを繋げることを目指して活動しています。一般的なゲーム大会のスポンサーとなるPC周辺機器メーカーの製品に加えて、海産物や食肉といった賞品が提供されました。

関連記事

コミュニティ価値は賞金総額20億円以上、『Dotaまらカップ2018 in Tokyo』オフライン決勝で「Scarus」が優勝、特別ゲストとして公式世界大会インタビュアーSirActionSlacks氏が登場

ゲーム紹介