上位モデルより約4000円安価でシンプル仕様、ゲーミングマウス『Razer DeathAdder Essential』が2019年7月26日(金)より国内販売開始

Razer DeathAdder Elite』よりも安価でシンプル仕様のゲーミングマウス『Razer DeathAdder Essential』が、2019年7月26日(金)より国内販売開始となります。

Razer DeathAdder Essential

『Razer DeathAdder Essential』は、定番の右利き用エルゴノミック形状はそのままに、センサー、ボタン、ライティング等の仕様や機能を絞り込んだ廉価版の『Razer DeathAdder』です。

公式の比較ページを見るのが一番わかりやすいですが、両製品の主な違いは以下のような点です。

主な相違点

  • センサー性能 (16000dpi → 6400dpi)
  • Hyperesponse ボタン対応数 (7→5)
  • RGBライティング (1680万色→Razerグリーン一色)
  • 重量 (105グラム→96グラム)
  • 価格 (10,800円→6,480円)

ゲームをプレーすることだけを考えれば、『Razer DeathAdder Essential』の仕様で十分満足出来る内容かと思います。また、機能をそぎ落とした関係か、マウスの重量が9グラム軽量化されているので、より軽い『Razer DeathAdder』が欲しい人にはうれしいところです。

2019年7月26日(金)より、全国のRazer製品取り扱い店にて販売がスタートとなります。

関連記事

ゲーミングマウス『Razer DeathAdder』の販売数が全世界で1,000万個を突破

情報元