Dota 2世界大会『The International 2019』賞金総額が3000万ドルを突破(約32.3億円)

2019年8月15日~25日に中国・上海で開催されるDota 2公式世界大会『The International 2019』の賞金総額が3000万ドルを突破しました。

The International 2019

大会は基本賞金総額160万ドル、大会の関連ゲーム内アイテムが購入される度にその25%が賞金に配分される仕組みを採用しています。7月に入ってすぐ、8年の歴史を持つ大会の最高賞金総額を更新していましたが、本日7月21日に初となる3000万ドルの大台を超えることになりました。

  • $30,029,637 (約32.3億円, $1=107.70円)

2018年大会では、優勝チームへの配分は44%だったので、今年も同じであれば優勝賞金は約14億円ほどとなります。

関連記事

Dota 2世界大会『The International 2019』の出場18チームが決定、賞金総額は31億円を突破

歴代最高額を更新、『Dota 2』公式世界大会の賞金総額が「約27.7億円(2568万ドル)」を突破

情報元

ゲーム紹介