CS:GOマップ『Cache』の最新リメイク版が2019年9月29日に『ESL One New York 2019』でお披露目へ

CS:GOマップ『Cache』最新リメイク版のお披露目イベント実施が発表されました

CS:GOマップ『Cache』の最新リメイク版が『ESL One New York 2019』でお披露目へ

『Cache』は、Sal “Volcano” Garozzo氏が『CS:Source』にて2011年5月16日に公開。
その後、Volcano氏によってCS:GOに移植され2012年12月1日にリリース。
以降、FMPONE氏がVolcano氏のサポートを受けながらアップデートしてきました。

CS:GOの競技シーンでも長らく使用されてきましたが、2019年3月に「Vertigo」と入れ替わりで競技用マップのリストからは除外となりました。

『CS:GO』の競技マッププールに「Vertigo」追加・「Cache」削除、プロチーム「ENCE」の応援歌「EZ4ENCE」がミュージックキットとして販売開始

『ESL One New York 2019』では、約半年を経て『Cache』の最新版がいち早く披露される他、豪華ゲストによる5vs5のショーマッチ、『ESEA』ブースでの先行プレー、マップクリエイターVolcaano氏、FMPONE氏への質問コーナー、最新パッチノートの公開などが行なわれます。

Counter-Strikeシリーズのマップアップデートがここまで大規模に紹介されるのは、これが初めてになるのではないでしょうか。

情報元

ゲーム紹介