『ENCE』がCS:GO「Berlin Major」後にメンバーを入れ替えへ、Aleksibに代えてsuNnyを起用、全選手との契約を2021年まで延長

Finland ENCEがCS:GO部門のメンバー変更に関する発表を行ないました。

『ENCE』がCS:GO「Berlin Major」後にメンバーを入れ替えへ

『ENCE』はチーム強化のためにフィンランドを代表するプレーヤーの1人 Finland Miikka “suNny” Kemppi 選手を Europe mousesportsから獲得しました。

2018年4月のCS:GOチーム再始動から活動するFinland Aleksi “Aleksib” Virolainen選手は、8月23日より開幕となった『StarLadder Berlin Major 2019』までの起用となり以降はスタメンを外れます。

Finland suNnyは9月13~14日にロシアで行なわれる『BLAST Pro Series Moscow』がデビュー戦となる予定です。

『ENCE』は、合わせて全選手との契約を2021年まで延長したことも明らかにしていました。

Aleksib 選手のコメント

ENCEのベンチに下がることになりました。突然のことで最初は憂うつでしたが、いまでは乗り越えるべきものであると理解しています。トーナメントでの失敗、意見の相違などの困難がありましたが、ENCEはそれを乗りこえ正しい道を歩んできたからこそ成功を手にすることが出来ました。

ENCEはチームをスクラッチから構築しました。自分はチームの成長の一部であり、可能性を持つ選手から一流選手へと仲間入り出来た事を誇りに思っています。非常にやりがいのある取り組みでしたが、終わりの時を迎えようとしています。

次の大会はBerlin Majorで、これはENCEのメンバーとして最後のトーナメントとなりますが、そのようなことは関係なしに再び成功を収めたいと思っています。

これまでの17ヶ月間について、チームメンバーと経営陣に感謝します。笑いがあり楽しい時間だったことを忘れません。また、ファンのみなさんによる継続的なサポートにも感謝します。みなさんの応援は自分にとって非常に重要なものです。

将来的には競技を続けたいと考えています。ENCEでは多くの事を学びました。それらを今後に活かしていきたいと思います。

全世界からのオファーを受け付けています。TwitterのDM、eメール aleksibcs@gmail.com 宛にご連絡ください。契約については、ENCEのマネジメントまでお願いします。

Aleksib

情報元

ゲーム紹介