公式世界大会『Overwatch World Cup 2019』日本代表の挑戦を応援するクラウドファンディングスタート、調達資金は渡航費や滞在費として使用

PC版『Overwatch』の公式世界大会『Overwatch World Cup 2019』日本代表の挑戦を応援するクラウドファンディングがスタートしました。

『Overwatch World Cup 2019』クラウドファンディング

『Overwatch World Cup 2019』には47ヶ国が出場。

このうち過去の成績に基づいた上位10チームは主催者から「往復航空券」「会場までの陸上交通手段」「2人部屋のホテル代」の提供が行なわれます。その他のチームはホテル代の一部支給のみとなり、それ以外の費用については自分たちでまかなう必要があります。

これに伴い、日本代表チームはクラウドファンディングを立ちあげ、渡航費や滞在費などの資金として200万円の調達を目指します。

1000円から10万円までの7段階の支援プランが用意されており、金額に応じて異なるお礼の特典を得られる仕組みとなっています。

日本代表は、まずこのクラウドファンディングで資金を得て開催地アナハイムに到着する、いわゆる0回戦に挑むことになります。

その後は、11月1日に予選トーナメント1回戦から出場。こちらでトップ5以内に入ることで、グループステージに進出可能となります。

日本代表チームメンバー

クラウドファンディングの詳細は、以下のページから確認することが出来ます。

関連記事

『Overwatch World Cup 2019』日本代表7名が決定

公式国別対抗戦『Overwatch World Cup 2019』開催決定、全ての国に出場チャンスあり、オープン予選を実施へ

情報元