コンセプトは「泊まれるeスポーツ施設」、1680万色に光りそうなゲーミングホテル「e-ZONe」が大阪日本橋で2020年4月に開業

株式会社サンユー都市開発が、「泊まれるeスポーツ施設」をコンセプトとするeスポーツ特化型ホテル「e-ZONe ~電脳空間~」を2020年4月に開業すると発表しました。

泊まれるeスポーツ施設「e-ZONe ~電脳空間~」

「e-ZONe ~電脳空間~」はeスポーツを初めて体験したり、オフ会開催、大会前の泊りがけの合宿など「eスポーツ」を楽しむプレイヤーに至福の体験を用意する施設として企画されました。

全9フロア構造で、最大71席のハイスペックPCブース、実況配信用の設備を完備予定で、施設を使った大会やイベントを開催することも計画されています。

フロア構造

  • 1~3F:ゲーミングフロア
  • 4~8F:キャビンフロア(宿泊フロア)
  • B1F:シャワーフロア

本エントリ中の画像はすべてイメージとなりますが、ゲーミングデバイスに搭載されたLEDのように1680万色に発光するのではと思わさせるような内装・外装となっています。

これは大阪に行く機会があれば1度は宿泊してみたいと思わされますね。

施設情報

  • 名称 :e-sports hotel e-ZONe ~電脳空間~
  • 住所 :大阪府大阪市浪速区日本橋4丁目9街区
  • 構造 地下1階、地上8階建て
  • 竣工月:2020年3月末
  • オープン日:2020年4月予定
  • 営業時間:24時間
  • 利用料金:未定(後日発表予定)
  • 総ベッド数:94ベッド
  • 広さ:769.10㎡

ちなみに、台湾では2017年に「i hotel」というesports向けのホテルが開業しています。

情報元