『第11回 eスポーツ ワールドチャンピオンシップ』Dota 2部門日本代表は「TeamMay」に決定、世界王者「OG」のオマージュポーズを披露

20190914_Hisashi-Yoshimura_TGS2019_DSC_8701

2019年9月14日(土)、『第11回 eスポーツ ワールドチャンピオンシップ』Dota 2部門の日本代表決定戦が、東京ゲームショウ2019の日本eスポーツ連合ブースで行なわれ、Japan TeamMay が優勝しました。

Dota 2部門日本代表は「TeamMay」に決定

日本予選には過去の実績を元に招待された4チームが出場し、「日本eスポーツ連合」ブースにてオフライン対戦で実施となりました。

20190914_Hisashi-Yoshimura_TGS2019_DSC_8544
Japan TeamMay
20190914_Hisashi-Yoshimura_TGS2019_DSC_8540
Japan TKGaming
20190914_Hisashi-Yoshimura_TGS2019_DSC_8427
Japan emahome
20190914_Hisashi-Yoshimura_TGS2019_DSC_8424
Japan chaos

まずは準決勝としてBesf of 1 形式(1回勝負)での対戦が行なわれ、1試合目はJapan Chaosが Japan emahomeに勝利、2試合目は Japan TeamMayが Japan TKGamingを下し決勝に進出しました。

20190914_Hisashi-Yoshimura_TGS2019_DSC03536

決勝はBest of 3形式(2試合先取制)で行なわれ、Japan TeamMayがどちらもかなりの資産差をつけるゲーム内容で勝利となりました。

20190914_Hisashi-Yoshimura_TGS2019_DSC04015

20190914_Hisashi-Yoshimura_TGS2019_DSC04026

順位

  • 1位:Japan TeamMay – Suan, 野球犬, うたたねかえる, Arab, toyomaru [IeSF2019本戦出場]
  • 2位:Japan Chaos – 0Maru, fuu, heromu, SuiMinD, holt
  • 3-4位:Japan emahome – ema, yoshiman, Yusagi3c, asama, yugu
  • 3-4位:Japan TKGaming – ほそかも, ohagi, Pain, Mr.hanage, SaKuRa

優勝した Japan TeamMay は、サントリー株式会社による清涼飲料1年分の支援を受け、2019年12月11日(水)~15日(日)に韓国で開催される本戦に挑みます。

フォトセッションで日本代表としての意気込みを表すポーズを求められたJapan TeamMay のメンバー達は、2019年世界大会王者 Europe OG のオマージュポーズを披露。こちらは世界大会時に実施し、話題となったポーズでもあります。

20190914_Hisashi-Yoshimura_TGS2019_DSC_8745
今回の表彰式で実施したオマージュボーズ。

ガッツポーズとかよりもこちらの方が「らしさ」があり最高の判断だと思いました。

試合におけるヒーローの使用については、8月の世界大会『The International 2019』終了後にバランス調整のアップデートが行なわれ、大会で大きな存在感を示した「IO」「Alchemist」「Tiny」といったヒーロー化たちは弱体化されましたが、今大会のヒーロー選択ドラフトでは、引き続き警戒対象として使用出来ないようBANされる傾向が強かったと思います。

20190914_Hisashi-Yoshimura_TGS2019_DSC03609

会場では、「東京ゲームショウ2019」という場所柄もあり、通りがかりの人も今回のDota 2大会を見るために足を止めるといった様子が見られました。海外から来ている方は馴染みのあるゲームなのかじっくりと観戦する人もいました。

20190914_Hisashi-Yoshimura_TGS2019_DSC_8634
これだけ多くの人がDota 2を観戦しているのは個人的には予想外。
20190914_Hisashi-Yoshimura_TGS2019_DSC04042
実況を担当したMaraさん(中央)、解説のazukizukeさん(右)

試合の配信アーカイブは、以下から見ることが出来ます。

配信アーカイブ

写真

情報元

ゲーム紹介