『日本テレビ』が「日本eスポーツ連合」(JeSU)の正会員に、民放キー局として初の取り組み

日本テレビ放送網株式会社が、『一般社団法人日本eスポーツ連合(JeSU)』の正会員となったことを発表しました。

『日本テレビ』が「日本eスポーツ連合」の正会員に

公式発表によると、民放キーが「JeSU」の正会員となるのは今回が初めてのことで、日本テレビは、eスポーツに関するコンテンツ開発ならびにeスポーツチーム・選手の育成を通して、eスポーツのさらなる普及・発展に貢献していくとコメントしています。

日本テレビグループは、2018年6月にeスポーツチーム「AXIZ」設立、『League of Legends』『シャドウバース』『ストリートファイターV AE』といった公式大会に参戦する他、2018年7月からはeスポーツ応援番組「eGG(エッグ)」の制作と放送を行なう形でeスポーツに関わる取り組みを行なっています。

正会員になることにどのような意味合いがあるのかについて知りたかったのですが、JeSU公式サイト内でその詳細に関する記載を見つけることが出来ませんでした。

関連記事

日本テレビが「eスポーツ」事業としてプロゲームチーム「AXIZ」設立、eスポーツ番組「eGG」の放送を発表

情報元