昇格組「Team RAYZE」がいきなり2回のドン勝獲得、『PUBG JAPAN SERIES season4』「Grade1」Day4、首位はRascal Jester

『PUBG JAPAN SERIES season4』Phase 2 Grade1 の試合が、2019年9月28日(土)に実施されました。

PUBG JAPAN SERIES season4「Grade1」Day4

「season4」は「Phase 1」(Day1~3)、「Phase 2」(Day4~6)という全6日の日程で開催されます。

今回は後半戦「Phase 2」の初日で、「Phase 1」の下位4チームが「Grade 2」に降格し、「Grade 2」の上位4チームが昇格した点が「Phase 1」の出場チームと異なる点です。

Day4 各ラウンドの結果は以下のようになりました。

Round 1(Miramar)ドン勝 – Japan Lag Gaming

ラストは Japan Lag Gaming と Japan V3 Foxの3on3での一騎打ち。Japan V3 Foxはダウンした仲間をリバイブを試みるも、Japan Lag Gamingが射撃を加えながら有利なポジショニングをとり、しっかりと詰め切る展開でのドン勝となりました。

20190928_Hisashi-Yoshimura_PJS_season4_P2_G1_Day1_DSC_1925
Japan Lag Gaming:oka007, Runliy, 0y, Hek7or

20190928_Hisashi-Yoshimura_PJS_season4_P2_G1_Day1_DSC06596
勝利のハイファイブ(ブレているバージョン)

以下は各選手が使用していたドン勝ゲーミングデバイスです。

20190928_Hisashi-Yoshimura_PJS_season4_P2_G1_Day1_DSC_1908
Japan Hek7or:キーボード下にもマウスパッドを配置。軽量なG-Wolves Skoll SK-LL Aceを使用。

20190928_Hisashi-Yoshimura_PJS_season4_P2_G1_Day1_DSC_1913
Japan 0y:Logicool G のワイヤレスマウス。最近PJSで使う選手が増えてきている印象。

20190928_Hisashi-Yoshimura_PJS_season4_P2_G1_Day1_DSC_1914
Japan Runliy:ROCCATのマウスはPJSだと珍しい部類か

20190928_Hisashi-Yoshimura_PJS_season4_P2_G1_Day1_DSC_1917
Japan oka007:こちらもLogicool Gのワイヤレスマウス。マウスパッドはFPSの定番、ZOWIE。

Round 2(Miramar)ドン勝 – Japan Team_RAYZE

Round 2のラストはJapan Team_RAYZE、Japan Rasal Jester、Japan Crest Gaming Xanaduの三つ巴戦。遮蔽物が無くスモークが立ちこめる戦場で行なわれた激しいバトルを制したのはGrade 2から昇格したばかりの Japan Team_RAYZE。中でも Japan amonot選手は6キルの活躍となりました。

20190928_Hisashi-Yoshimura_PJS_season4_P2_G1_Day1_DSC_2032

20190928_Hisashi-Yoshimura_PJS_season4_P2_G1_Day1_DSC06756
6キルの活躍でうれしそうなJapan amonot選手

20190928_Hisashi-Yoshimura_PJS_season4_P2_G1_Day1_DSC06764
こちらもドン勝で笑顔のJapan Pureboy選手

20190928_Hisashi-Yoshimura_PJS_season4_P2_G1_Day1_DSC_2036
amonot、sssat0、JapanNo1、Pureboy

20190928_Hisashi-Yoshimura_PJS_season4_P2_G1_Day1_DSC_2031
Japan amonot:スペースが広く確保されています。オフラインの限られたデスクスペースだとやはりテンキーレスは良さそう

20190928_Hisashi-Yoshimura_PJS_season4_P2_G1_Day1_DSC_2026
Japan sssat0:デスク全体をカバー出来るHyperX Fury S Pro XLを使用

20190928_Hisashi-Yoshimura_PJS_season4_P2_G1_Day1_DSC_2022
Japan JapanNo1:NiP! NiP!

20190928_Hisashi-Yoshimura_PJS_season4_P2_G1_Day1_DSC_2017
Japan Pureboy:こちらはHyperX FURY S Speed Edition Pro XLでしょうか

Round 3(Sanhok) ドン勝 – Japan Rascal Jester

山岳部の戦いとなり、Japan Rascal Jester と Japan All Rejection Gamingのパルス収縮ガマン比べ対決に。高所をキープし自由なスペースが豊富な Japan Rascal Jester に対し、Japan All Rejection Gamingは低所かつ崖が邪魔になり収縮の中心に寄れないというまさかの展開。

Japan Rascal Jesterが生き残り、4回目のドン勝を獲得。「FPSは高い場所にいるほうが有利」のセオリーを象徴するかのような結果となりました。

20190928_Hisashi-Yoshimura_PJS_season4_P2_G1_Day1_DSC06872
「とんでもないドン勝」とでもいうべき展開に喜ぶCiNVe選手

20190928_Hisashi-Yoshimura_PJS_season4_P2_G1_Day1_DSC06878
Wesker選手もこれは笑うしかないという感じでしょうか。

20190928_Hisashi-Yoshimura_PJS_season4_P2_G1_Day1_DSC_2091
Japan Rascal Jester:MUSHAMARU、Wesker、SeaKingJAWS、CiNVe

20190928_Hisashi-Yoshimura_PJS_season4_P2_G1_Day1_DSC_2080
Japan SeaKingJAWS:マウスは「Finalmouse Ultralight Phantom」。SeaKingJAWS選手はキー操作のためにマウスから手を放すことも。

20190928_Hisashi-Yoshimura_PJS_season4_P2_G1_Day1_DSC_2074
Japan CiNVe:シーズン4だけでZOWIE DIVINA S2、ZOWIE FK2、G Pro Wirelssとマウスが変化。当面はG Pro Wirelssを使用するそう。

20190928_Hisashi-Yoshimura_PJS_season4_P2_G1_Day1_DSC_2070
Japan Wesker:キルを多数取っている印象のWesker選手もLogicool Gのワイヤレスマウス。

20190928_Hisashi-Yoshimura_PJS_season4_P2_G1_Day1_DSC_2068
Japan MUSHAMARU:ZOWIEマウス、マウスパッド、マウスコードホルダーのFPS定番セット。

Round 4(Erangel) ドン勝 – Japan Zoo Gaming

絶好調 Japan Rascal Jester と、フェーズ1で苦しい戦いを続けて来た Japan Zoo Gamingの一騎打ち。前に出なくてはならないJapan Rascal Jesterと遮蔽物でアドバンテージのあるJapan Zoo Gaming。Japan Zoo Gamingが銃撃の嵐でついにドン勝を獲得という結果となりました。

20190928_Hisashi-Yoshimura_PJS_season4_P2_G1_Day1_DSC_2138
Ruytv、Vuelo、timatin、SHEVA

Japan Zoo Gamingはフェーズ1のRound7~10まで4ラウンド連続で16位で降格の可能性もありました。会場で写真を撮る時に選手たちの様子が目に飛び込んでくるのですが、各試合で一番最初に沈みゲームが終わるまでの数十分間を悔しい思いでひたすら待ち続けなければならない展開が4ゲームも続いていた Japan Zoo Gamingからはなんとも言えない空気を感じていました。

しかし、Day3ではそれを乗りこえポイントを獲得し降格を免れ、さらにはDay4ではドン勝獲得となり、選手たちに笑顔を見ることが出来てよくぞここまで、という気持ちになりました。今後、さらに成績を伸ばして欲しいところです。

20190928_Hisashi-Yoshimura_PJS_season4_P2_G1_Day1_DSC07030
毎朝10時から配信活動もしているRuytv選手

20190928_Hisashi-Yoshimura_PJS_season4_P2_G1_Day1_DSC_2160
Japan Ruytv:またもやLogicoolGのワイヤレス。ドン勝マウス…!?

20190928_Hisashi-Yoshimura_PJS_season4_P2_G1_Day1_DSC_2162
Japan SHEVA:キーボードの最高峰REALFORCE。マウスはSHEVA選手もLogicoolGのワイヤレス。

20190928_Hisashi-Yoshimura_PJS_season4_P2_G1_Day1_DSC_2163
Japan Vuelo:PJSでは他に使っている人がいないヘッドセットが印象的。

20190831_Hisashi-Yoshimura_PJSseason4_phase1_G1_day1_DSC01629
着用時はこのような感じです。

20190928_Hisashi-Yoshimura_PJS_season4_P2_G1_Day1_DSC_2165
Japan timatin:SteelSeriesのPUBGモデルマウスパッド。マウスはこちらもLogicoolGワイヤレス。

Round 5(Erangel) ドン勝 – Japan Team_RAYZE

Round 2ドン勝の Japan Team_RAYZEが Japan Rascal Jesterとドン勝をかけた最後の戦い。Japan Team_RAYZEが地形での有利を活かした撃ち下ろし射撃でJapan Rascal Jesterを一掃。本日2回目のドン勝獲得となりました。

20190928_Hisashi-Yoshimura_PJS_season4_P2_G1_Day1_DSC_2205

Round5までの総合成績では、ドン勝1回、2位2回の Japan Rascal Jesterが1位。キル数も唯一30台に乗せています。

シーズン4総合成績では、2位に60ポイント差をつけて独走状態となっています。
最終総合成績の上位2チームは、PUBG Esportsの年間世界王者を決定する公式大会『PUBG Global Championship 2019』の出場権を得ることが出来ます。

MOST KILL(11キル) – Japan RAY_amonot

最多キルはラウンド2で6キル、Day4で合計11キルを獲得した Japan Team RAYZEの Japan amonot選手でした。

20190928_Hisashi-Yoshimura_PJS_season4_P2_G1_Day1_DSC_2189

配信アーカイブ

Day4 ギャラリー

20190928_Hisashi-Yoshimura_PJS_season4_P2_G1_Day1_DSC06337
試合開始前の空き時間で仮眠を取るRascal Jester

20190928_Hisashi-Yoshimura_PJS_season4_P2_G1_Day1_DSC_1871
CiNVe選手のLogicool G Pro Wireless。bitFerrousのマウスグリップシールを貼ってカスタム。左側面は中央に貼り付け。

20190928_Hisashi-Yoshimura_PJS_season4_P2_G1_Day1_DSC_2107
右サイドは、マウスの持ち方に合わせて前方にグリップシールを貼っているとのこと。

20190928_Hisashi-Yoshimura_PJS_season4_P2_G1_Day1_DSC_2111
ARGのalbert選手はマウスの右カドに指を掛けるスタイルで、こちらにグリップシールを貼っているそう。貼っているのはARTISANの鉄壁でしょうか。

20190928_Hisashi-Yoshimura_PJS_season4_P2_G1_Day1_DSC_2114
ARG_albert選手

20190928_Hisashi-Yoshimura_PJS_season4_P2_G1_Day1_DSC_2120
CiNVe選手とalbert選手は参考として手のサイズを比較していました。CiNVe「オレ、(手の大きさ)gabhaくらいあるよ」ということでgabha選手が大きさの比較基準に。2人ともなかなか大きい手ということになっていました。

Grade 2から再度昇格してきた野良連合。Nora-RENGOから「N」のハンドマークを作るのが定番。左からAnsiy, Yoshida, SikiLL, L4lq。

20190928_Hisashi-Yoshimura_PJS_season4_P2_G1_Day1_DSC06246

20190928_Hisashi-Yoshimura_PJS_season4_P2_G1_Day1_DSC06409
野良連合 SikiLL選手。チーム紹介時はこのポーズでアピール。

20190928_Hisashi-Yoshimura_PJS_season4_P2_G1_Day1_DSC06413
Yoshida選手がこちらのカメラも見てくれました

20190928_Hisashi-Yoshimura_PJS_season4_P2_G1_Day1_DSC06383
ARG Maron選手、配信カメラに向けてポーズ

20190928_Hisashi-Yoshimura_PJS_season4_P2_G1_Day1_DSC06396
DGW Melofovia選手もしっかりとカメラにアピール

20190928_Hisashi-Yoshimura_PJS_season4_P2_G1_Day1_DSC06255
同じく昇格組の Japan GrimNight REDCELL。ユニフォームはチームスタッフによるお手製パーカー。

20190928_Hisashi-Yoshimura_PJS_season4_P2_G1_Day1_DSC_2001
背中には大きくチームロゴが。

20190928_Hisashi-Yoshimura_PJS_season4_P2_G1_Day1_DSC06262
こちらも降格後に復帰してきた Japan JUPITER NOVA。PJSのルール変更により海外選手を起用可能となったため、Korea TouMei選手(左端)をスタメン起用。

20190928_Hisashi-Yoshimura_PJS_season4_P2_G1_Day1_DSC06742
Korea TouMei選手は流暢な日本語でチームメイトたちとコミュニケーションしていました。

20190928_Hisashi-Yoshimura_PJS_season4_P2_G1_Day1_DSC06430
試合前のJapan Sengoku Gaming。良い感じにツッコミを入れ合いながら談笑。

20190928_Hisashi-Yoshimura_PJS_season4_P2_G1_Day1_DSC06426
Japan SunSisterもチーム内コミュニケーションが活発。今シーズンより移籍してきた「けんさん」ことJapan kendesu選手、笑顔を見る機会が多くかなりチームに馴染んでいる様子。

20190928_Hisashi-Yoshimura_PJS_season4_P2_G1_Day1_DSC06622
ラウンド間には集まって対策会議をするJapan Sengoku Gaming。

20190928_Hisashi-Yoshimura_PJS_season4_P2_G1_Day1_DSC06630
こちらも次のラウンドに向けて話し合いをするJapan BLUE BEES

20190928_Hisashi-Yoshimura_PJS_season4_P2_G1_Day1_DSC_2051
Rascal Jesterもラウンド間は対策会議。コーチ制度が導入され、コーチングスタッフを1名登録が可能に。RJは解説者としても活躍する Japan takomayo氏を登録しているようです。RJは「仲間が強い!」というツイートを各選手がしていますが、フィードバックを元に各選手がそれぞれの役割をしっかりこなしているということが要因なのかもしれません。

20190928_Hisashi-Yoshimura_PJS_season4_P2_G1_Day1_DSC06346
Japan ARG も試合を振り返り

20190928_Hisashi-Yoshimura_PJS_season4_P2_G1_Day1_DSC06462
通称「神の子」Japan CGX_Dep選手

20190928_Hisashi-Yoshimura_PJS_season4_P2_G1_Day1_DSC06660
カッコよすぎるJapan V3F_tomus選手

20190928_Hisashi-Yoshimura_PJS_season4_P2_G1_Day1_DSC06864
キーボードを押しているのを見ているだけで楽しい

20190928_Hisashi-Yoshimura_PJS_season4_P2_G1_Day1_DSC06813
渋谷の「The Neworder Table」でコラボカフェ開催中。10月20日(土)まで。オリジナルメニューもあるとか。

20190928_Hisashi-Yoshimura_PJS_season4_P2_G1_Day1_DSC06816
限定グッズも販売。

20190928_Hisashi-Yoshimura_PJS_season4_P2_G1_Day1_DSC06818
会場で『PUBG Mobile』をプレーしていた来場者

20190928_Hisashi-Yoshimura_PJS_season4_P2_G1_Day1_DSC06795
Japan 釈迦さんの的確な解説で今日もPJS公式配信がわかりやすい。

20190928_Hisashi-Yoshimura_PJS_season4_P2_G1_Day1_DSC_1938
ラウンド振り返りコーナーの「プレイバック!」も回を重ねてこのように進化

20190928_Hisashi-Yoshimura_PJS_season4_P2_G1_Day1_DSC07072
メインキャスター Japan OooDaさんによる、スポンサー・ガストのチキン実食コーナー。

20190928_Hisashi-Yoshimura_PJS_season4_P2_G1_Day1_DSC07091
「んン~!鶏肉の美味しさが口の中を襲ってきて…」

20190928_Hisashi-Yoshimura_PJS_season4_P2_G1_Day1_DSC07096
「口の中が、ディノパーク!」

20190928_Hisashi-Yoshimura_PJS_season4_P2_G1_Day1_DSC07100

「…」

20190928_Hisashi-Yoshimura_PJS_season4_P2_G1_Day1_DSC07105
何事もなかったかのようにソーセージを味わう釈迦さん

20190928_Hisashi-Yoshimura_PJS_season4_P2_G1_Day1_DSC07121
アナリスト Japan abara氏はゲーミングくいしんぼうのポーズ。

20190928_Hisashi-Yoshimura_PJS_season4_P2_G1_Day1_DSC07132
ハンバーグに紳士の振る舞いでナイフを入れ…

20190928_Hisashi-Yoshimura_PJS_season4_P2_G1_Day1_DSC07138
「たまねぎの旨みがしっかりと効いてますね。そして肉肉しい。もうみんな大好きなヤツですね。」

20190928_Hisashi-Yoshimura_PJS_season4_P2_G1_Day1_DSC07162
「デリシャス!」

20190928_Hisashi-Yoshimura_PJS_season4_P2_G1_Day1_DSC07172
abaraさんおつかれさまでした。ちなみに、このコーナーがまわってくると、スタッフ・スポンサー・メディアのカメラが実況席を取り囲み、まるで記者会見会場のような賑わいとなります。

20190928_Hisashi-Yoshimura_PJS_season4_P2_G1_Day1_DSC07361
サッポロビールプレゼントPJSアーカイブス~未来に残したいこの一戦~のコーナー。今回はV3F_SHEVA選手、RJ_MUSHAMARU選手が登場。ゲーミング乾杯。

20190928_Hisashi-Yoshimura_PJS_season4_P2_G1_Day1_DSC07347
インタビュアーの橘亜李彩さん。

20190928_Hisashi-Yoshimura_PJS_season4_P2_G1_Day1_DSC07311
今回もビッシリのメモから色々な質問が飛び出しました。

Day4写真 (283枚)

この他の写真は、以下からご覧ください。

来週のPJSはお休みとなり、Day5の試合は「Grade 2」が10月11日(金)、「Grade 2」が10月12日(土)に開催となります。

10月5日(土)には、下記のトークイベントが実施されます。

参考

ゲーム紹介