公式大会『Auto Chess Invitational 2019』、初の世界王者は韓国「Jinsoo」選手、優勝賞金45万ドルを獲得、日本「Bomeron」選手は7位入賞

『Auto Chess』初の公式世界大会『Auto Chess Invitational 2019』で Korea Jinsoo 選手し優勝賞金45万ドルを獲得しました。

Auto Chess Invitational 2019

『Auto Chess Invitational 2019』は、「中国」「韓国」「ヨーロッパ」「アメリカ」「アジア・パシフィック」「南アメリカ」「CIS」「ベトナム」で予選が行なわれ、各エリアを代表する32選手が出場。

8選手×4グループのグループステージを実施し各グループの上位4選手・計16選手がプレーオフに進出。

プレーオフでは8選手×2グループで試合が行なわれ、各グループの上位4選手・計8名がグランドファイナルにコマを進めました(AutoChessだけに)。

グランドファイナルは6ゲームを行ない、順位に応じたポイントの最終合計スコアで順位を決定。

2回のトップと、2位1回を獲得した Korea Jinsoo 選手がトータル38ポイント獲得で優勝となりました。

順位

順位 プレーヤー 賞金 1 2 3 4 5 6 合計獲得ポイント
1位 Korea Jinsoo $450,000 3 7 9 9 6 4 38
2位 China Arch Devil $200,000 7 5 3 5 7 9 36
3位 China Kong $100,000 5 9 5 3 9 0 31
4位 Pakistan Shredded $50,000 2 0 7 6 5 6 26
5位 Korea Land $18,000 0 6 1 7 2 5 21
6位 Germany Seiko $18,000 9 1 0 2 0 7 19
7位 Japan Bomeron $18,000 6 3 2 0 3 2 16
8位 United States Chuck $18,000 1 2 6 1 1 1 12

表の各数字は、各ラウンドの獲得ポイントです。
ちなみに、6ラウンド目を終えた後の公式スコアが出ていなかったので、上記は配信画面から順位を確認して合計した点数となります。

日本代表のJapan Bomeron選手は世界7位、もう一人の Japan Tuttu選手はベスト20という結果でした。

表彰式の様子

グランドファイナル配信アーカイブ

情報元