日本代表 ENLIFE TMが出場、『11th Esports World Championships』Dota 2部門が2019年12月12日(金)より韓国でスタート

「International Esports Federation (IESF) 」主催の国際eスポーツ大会『11th Esports World Championships 2019』のDota 2部門が、2019年12月12日(金)より韓国でスタート予定です。

11th Esports World Championships

Dota 2部門には、各国の代表チームが出場。日本からは、東京ゲームショウで実施された日本代表決定戦で優勝した Japan TeamMay (現 Japan ENLIFE TM)が参戦します。

『第11回 eスポーツ ワールドチャンピオンシップ』Dota 2部門日本代表は「TeamMay」に決定、世界王者「OG」のオマージュポーズを披露

Liquipediaによると出場するのは21チームで、12日(木)にスイス式トーナメントで試合を行ない、4チームが13日(金)のセミファイナルに進出となります。

スケジュール (日本時間)

12/12(木)

  • 12:00~ スイス式トーナメント ラウンド1
  • 14:00~ スイス式トーナメント ラウンド2
  • 16:00~ スイス式トーナメント ラウンド3
  • 18:00~ スイス式トーナメント ラウンド4
  • 20:00~ スイス式トーナメント ラウンド5

12/13(金)

  • 11:00~ セミファイナルA
  • 14:00~ セミファイナルB
  • 17:30~ 3位決定戦

12/14(土)

  • 11:30~ ファイナル

出場チームを見て注目なのは、有名選手で構成されるスウェーデン代表(s4、EGM、Chessie、CharlieDota、Xibbe)。

Dota 2の人気が高いロシア代表も、HellRaisersやTeam Singularityに所属する選手が含まれています。

試合の配信は、下記のチャンネルで実施となる予定です。

情報元

ゲーム紹介