NASDAQ上場を果たしたeスポーツチーム運営会社「Astralis Group」、プロサッカー「ユヴェントスFC」と提携しeFootball部門の運営を担当

eスポーツチーム運営会社「Astralis Group」が、プロサッカー「ユヴェントスFC」と提携しeFootball「Pro Evolution Soccer」チームの運営を担当することを発表しました。

Astralis Group

「Astralis Group」は、「Astralis」(CS:GO)、「Origen」(League of Legends)、「Future FC」(FIFAシリーズ)という3つのeスポーツチームブランドを保有するesportsおよびメディア会社です。

スポンサーシップ、商品販売、大会からのレベニューシェアを収益源とし、2019年12月にデンマークのNASDAQにて株式公開を果たしました。

株価情報

「Astralis Group」は「ユヴェントスFC」と契約し、「Pro Evolution Soccer」チームの運営を担当。欧州プロサッカーチーム傘下の10チームが出場し、12月14日より開幕となるコナミが主催のプロリーグ「Football.pro 2019-2020」に参戦予定です。

Anders Hørsholt氏のコメント (Astralis Group, 共同CEO)

Astralis Groupはesportsの先駆者で、あらゆるレベルに対するパフォーマンス最適化のアプローチが業界全体に影響を与えています。Astralis Groupは長期的な結果を導き出す能力を証明済みで、今回のようなコラボレーションを行う事は自然な流れです。ユヴェントスのesports展開に関わることが出来たことを非常に嬉しく思います。

Giorgio Ricci氏のコメント (Juventus, Chief Revenue Officer)

コナミとのパートナーシップによって支援されているeスポーツ界への参入は、新しくたくさんの観客に目を向ける機会を得られるだけでなく、エンターテインメントや大衆の興味の変化にユヴェントスが注意を払っていることを証明するものとなります。

クラブは常に新しいチャレンジを受けていれる準備が出来ており、esportsに取り組むことを喜ぶとともに、「Live Ahead」のチーム哲学に相応しい展開が出来たことを誇りに思っています。

情報元