施設面積1457坪の大型常設eスポーツ施設『REDEE』がショッピングモール「EXPOCITY」内(大阪・吹田)に2020年3月1日オープン

2020年3月1日、大型eスポーツ施設『REDEE』がショッピングモール「EXPOCITY」(大阪・吹田)内にオープンします。

eスポーツ施設『REDEE WORLD』

『REDEE WORLD』は、「レッドホースコーポレーション株式会社」「株式会社電通」「ウェルプレイド株式会」「Next Group Holdings株式会社」の4社が協業として展開するeスポーツ施設です。

『REDEE』は「ゲームで学ぶ、ゲームを学ぶ」をコンセプトとしており、ゲームやeスポーツを通じた学び・体験を提供していく計画です。

施設総面積は1457坪(4816平米)と現存する日本のeスポーツ施設の中では最大の広さとなる予定で、プレスリリースには、本施設を通じて「eスポーツの国内外における市場の隆盛を加速させていく」と記載されていました。

施設の特徴

  • イベント会場、プレイスペース、配信スペース
  • 配信に必要なあらゆる機材を常設。巨大スクリーンで観戦可能。
  • 世界基準のゲーム/ eスポーツイベントを開催可能
  • 館内に設置されたゲーミングPC、教室を使ってゲーム/ eスポーツを学ぶコンテンツを提供

「1457坪(4816平米)」と言われてもイメージが全くわかないので比較になるものを調べてみたところ、LANゲームパーティ『C4LAN』やeスポーツ大会『RAGE』等で使用されている「ベルサール高田馬場」が約2400平米でした。

20191207_Hisashi-Yoshimura_C4LAN2019WINTER_DSC_3855
参考:『C4LAN 2019 WINTER』(ベルサール高田馬場) 全体の2/3くらいの様子

20190812_Hisashi-Yoshimura_Kouya-Championship-2019_DSC_6711
参考:『荒野Championship-元年の戦い』(ベルサール高田馬場)

この倍の規模感となるeスポーツ施設が常設となるのは驚きとしか言いようがありません。

施設情報

  • オープン日:2020年3月1日(日)(予定)
  • 住所:〒565-0826 大阪府吹田市千里万博公園2-1 (ショッピングモール「EXPOCITY」内)
  • アクセス:大阪モノレール「万博記念公園駅」より徒歩約2分
  • 施設面積:1457坪
  • 運営会社:レッドホースコーポレーション株式会社、株式会社電通、ウェルプレイド株式会社、Next Group Holdings株式会社

本施設の運営スタッフ募集について、下記にて告知されています。

オープニングイベント

3月1日には、オープン記念イベントとして「第二回ウェルプレイドフェスティバルin大阪」が実施されます。

様々なタイトルの大会、プロeスポーツ選手による組み手、パブリックビューイング、ゆるふわeスポーツ座談会などが行われる予定で、こちらの詳細は改めて発表となる予定です。

施設・設備だけでなくショッピングモール内という立地が魅力

ショッピングモール「EXPOCITY」内の常設ということで、ゲームやeスポーツにあまり縁が無い人々の目に触れたり、施設来場が期待できるところが非常に面白い点だと思います。

韓国のショッピングモール「I`PARK mall」内に入っている「e-Sports Stadium」へ行ったことがありますが、こちらは少し会場へ足を運ぶのがちょっと手間な構造でした。

韓国・龍山の『e-Sports Stadium』を見学してきました

先に掲載したイメージ図のように人通く目に付きやすい多い場所となれば、この施設を通じてeスポーツに出会う人がかなり増えることを期待出来るのではないでしょうか。

情報元