eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

『WESG 2019-2020 APAC Finals』Dota 2部門日本代表「MotoPro」が日程変更により出場見合わせ、「ENLIFE TM」が繰り上げ出場

『WESG 2019-2020 APAC Finals』Dota 2部門日本代表が、Japan MotoPro から Japan ENLIFE TM に変更となりました。

『WESG 2019-2020 APAC Finals』Dota 2部門日本代表が変更

『WESG 2019-2020 APAC Finals』の開催は、2020年1月が予定されていましたが、主催者の都合で準備が調わず2020年2月に延期されました。

このスケジュールおよび開催地変更に伴い、2019年12月7~8日に開催されたオンライン予選で優勝したJapan MotoProが出場出来なくなり、2位のJapan ENLIFE TM が繰り上げで出場となりました。

また、Japan ENLIFE TMは オフレーン担当の Japan arab 選手が出場出来ないため、Japan MotoProのJapan fuu 選手がヘルプとして出場します。

『APAC Finals』には地域を代表する16チームが出場。上位3チームが、中国で行なわれる本戦への出場権を手にすることが出来ます。

日本予選 ファイナル 動画アーカイブ

Game 1

Game 2

  • Japan MotoPro:divine, Xym, CaLL Me MaT, fuu, dcN.hh
  • Japan ENLIFE TM:Arab, うたたねかえる, baseballdogs, toyomaru, Suan

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/