プロeスポーツチーム『SCARZ』がフードデリバリーサービス「Uber Eats」とのスポンサー契約を締結

プロeスポーツチーム『SCARZ』が、フードデリバリーサービス「Uber Eats」とのスポンサー契約締結を発表しました。

『SCARZ』が「Uber Eats」とのスポンサー契約締結を発表

「Uber Eats」は世界500都市以上で利用可能なフードデリバリーサービスです。
Webやアプリから好きな料理を気軽に注文して楽しむことが出来ることで注目を集める「Uber Eats」が Japan SCARZのスポンサーとなりました。

具体的な支援内容については明らかにされていませんが、チーム専用のプロモーションコードを発行するなどの取り組みを実施予定とのこと。

チームは韓国の『R6S Korea Open Season 1』や1月24日からアメリカのミネスタ州で開催される『CALL of DUTY Challengers Open』に出場するなど、海外展開にも力を入れています。

友利 洋一氏のコメント (SCARZ代表)

この度SCARZは、UberEats様とスポンサー契約を結びました。
まずは、この度の契約締結をSCARZ代表として心よりお礼申し上げます。

UberEats様は海外を中心に多くの方が使用しているツールの一つになっており、日本展開を共に広げることが出来るのをとても嬉しく感じております。

SCARZは国内、海外において幅広く活動しているというチームの利点を活用して更なる跳躍を行っていきます。

色々なアクションを共に行っていきますので、ぜひご注目頂ければと思います。

今後もグローバルな活動を行うチームとして邁進して参ります。
UberEats様とSCARZを宜しくお願い致します。

冬のひだまりがことのほか暖かく感じられる寒風の候に、UberJapan株式会社様とスポンサー契約を締結出来たことを大変嬉しく思います。
皆様に親しみを持たれるよう、そしてesportsをより多くの方々に浸透できるよう今後ともSCARZ一同邁進して参ります。

情報元