eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

国内“元年”の代表格「eスポーツ」と「VR」が融合、『RAGE』がeスポーツ専用VR施設「V-RAGE」β版を2020年3月15日(日)にオープン

国内最大級のeスポーツイベント『RAGE』を運営する株式会社CyberZ、エイベックス・エンタテインメント株式会社、株式会社テレビ朝日が、eスポーツ観戦やイベント体験ができるeスポーツ専用VR施設「V-RAGE(ブイレイジ)」のβ版を2020年3月15日(日)にオープンすると発表しました。

eスポーツ専用VR施設「V-RAGE」

「eスポーツ元年」と「VR元年」。近年を代表する国内「元年」の代表格として知られる2つが2020年に融合し、eスポーツ専用VR施設「V-RAGE」となって登場します。

「V-RAGE」では、2020年3月15日(日)に開催される「RAGE Shadowverse 2020 Spring GRAND FINALS powered by SHARP」の様子を、VR内に開設された特設スタジアムで観戦可能となります。

本大会は、東京都内にてオフラインでの実施が予定されていましたが、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため無観客試合として実施することを決定。ユーザーは自身のスマートフォンやPCから「V-RAGE」へアクセスすることで、安全なバーチャル空間で大会観戦を楽しむことが出来ます。

当日は、「V-RAGE」を通じてM-1グランプリ2019王者「ミルクボーイ」によるVR漫才や、人気のストリーマー「もこう・つるおか(かものはし)」によるサブチャンネル・VR配信といった展開も予定されています。

開催情報

大友真吾氏のコメント (RAGE総合プロデューサー)

RAGEは、日本発・新世代エンターテイメントをつくることをミッションとして全てのゲーマーが目指す憧れの舞台をつくること、感動・興奮・驚き・新たな体験を提供することをモットーに、イベント/大会/リーグの運営に尽力してまいりました。今後は、オフライン会場での観戦、オンライン配信での視聴、地上波での放送に加え、バーチャル空間で新たな体験を提供してまいります。

今後5Gの普及によって通信環境が大幅に整備され、様々な制約や条件が変化していく中で『V-RAGE』をeスポーツイベントの新たな形として取り組むことで、現実世界とバーチャル空間でのイベント連動によるファン・コミュニティの活性化や、VRならではの新たな観戦体験を実現していき日本のeスポーツの観戦文化を発展させられればと考えております。

関連記事

eスポーツ向けの360度VRライブストリーミングを提供する『SLIVER.tv』が980万ドルの資金調達を発表

VRがeスポーツの観戦体験を変える?「SteamVR」特設サイトで『Dota 2』のVR観戦イメージ映像公開

VRプラットフォーム『SLIVER.tv』が『ESL』や『DreamHack』と提携、eスポーツ向けの360度VRライブストリーミングを提供

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/