新型コロナウイルスの感染拡大防止のため『Dota Pro Circuit 2019-2020』2020年4~5月のメジャーおよびマイナー大会を実施見合わせ

2020年4~5月に開催が予定されていたDota 2公式プロツアー『Dota Pro Circuit 2019-2020』のメジャーおよびマイナー大会が実施見合わせとなりました。

2020年4~5月のメジャーおよびマイナー大会を実施見合わせ

実施見合わせの理由は、現在猛威を振るっている新型コロナウイルスの感染拡大防止のため。下記の2大会が開催中となります。

対象大会

  • 2020年4月23~26日:OGA Dota PIT Minor 2020 (クロアチア・スプリット)
  • 2020年5月02~10日:EPICENTER Major 2020 (ロシア・モスクワ)

Dota 2公式Twitterでは、以下のようにアナウンスされていました。

公式ツイートでのコメント

新型コロナウイルスの現状と拡大状況をふまえ、選手、スタッフ、ファンに与える健康上のリスクについて慎重に検討した結果、Dota Pro Circuitの4番目に予定していたマイナーおよびメジャートーナメントを見合わせるという困難な決断に至りました。

新型コロナウイルスの流動性が高いことを考慮しながら状況を観察し、メジャー・マイナートーナメントの最終的な開催方法について決定いたします。

Evgeny Kalganov氏のコメント (Epic Esports Events、Event Director)

このような報告となり大変申し訳ありませんが、私たちが楽しみにしていたトーナメントは中止となりました。選手、ファン、スタッフ達の安全が最も重要です。EPICENTER Majorのチケットをすでに購入いただいている方には、可能な限り早く払い戻しの対応を致します。

『ESL One Los Angeles 2020』も開催延期

先日には、3番目のメジャー大会『ESL One Los Angeles 2020』の開催延期が発表されてました。

Dota 2メジャー大会『ESL One Los Angeles 2020』、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため開催延期に

『Dota Pro Circuit 2019-2020』は6月末までの開催スケジュールとなっています。
今後の展開は、新型コロナウイルスの状況次第ということになります。

情報元

ゲーム紹介